TOEICって何?

●新着情報

●TOEICって何?これだけは知っておこう

  1. TOEICって何の略?
    • Test of English for International Communicationの略称で世界共通の英語コミュニケーション能力を評価するテスト
  2. どれくらいの人が受験しているの?
    • 日本では2014年度にTOEICの試験(TOEICテスト、TOEICスピーキング/ライティング、TOEIC Bridg)を受験した総数が過去最高となりおよそ262.9万人になりました。
    • 世界では約150カ国で実施されており、年間約700万人が受験していますので日本はその約3分の1を占めています。それだけ日本ではTOEICが重要視されている事がわかりますね。
  3. 誰が作っているの?
    • TOEICはアメリカの非営利テスト開発機関のEducational Testing Service(ETS)によって作られたものです。
    • ETSは教育研究を目的とした機関でこの分野では世界最大の組織です。彼らはTOEICだけでなくTOEFLやSAT(全米大学入学共通試験)やGRE(大学院入学共通試験)さらには国家試験や各種資格試験を作成している試験作成の超エキスパートなのです。
  4. 問題形式は?(2016年5月の試験から新形式になりました)
    1. Listening Section(45分間、100問)とReading Section(75分間、100問)の計2時間、200問で構成されています。
    2. 2016年の新形式になってPart1,2の問題数減、Part3の問題数増、Part5の問題数減、Part6,7の問題数増となりました。一言で言うなら聞く量も読む量も今までよりかなり多くなりました。
    3. Listening Section
Part1 写真描写問題 6問
Part2 応答問題 25問
Part3 会話問題 39問
Part4 説明文問題 30問

Reading Section

Part5 単文空所補充問題 30問
Part6 長文空所補充問題 16問
Part7 読解問題(1つの文書)

(2つの文書)

29問

25問

●TOEICスコア別レベル(管理人の想定)

 TOEICとは非常に面白く精密に出来ている試験で運だけで900点を突破することはまずあり得ません。また点数ごとに本当に英語を使いこなせるレベルが全然違うのです。管理人が熱く何度も語っている使える英語(日本語で言えることを10とすると英語でも10にする)をゴールに正しく勉強して正しくTOEICを受けた点数は管理人が下記にカテゴライズする能力を表した点数になります。

 900点を突破して初めて日本語で言いたい事の3程度が言えるレベルであることは決して忘れないでください。3が低いと感じる方もいるかもしれませんが自分の専門ビジネス分野であればそれなりに会社で海外相手にビジネスできるレベルでもあるのです。まずは900点を突破するレベル(日本では会社でもかなり評価されるレベル)を目指してください。そして下記のカテゴライズを読んで自分の現在の位置を把握して勉強しましょう。ここでいう【使える英語レベル】とは日本語で話すことが出来る内容全体を10とした時の英語で話せる内容の割合をさす。

score001

基本英語が嫌い。仕事でも英語を必要とする事がなく勉強する必要もない。

英語で外国人とコミュニケーションはほとんどできない。

使える英語レベル 0.5(話しかけないで旅行に来た金髪のお姉さん。。)

おすすめ勉強法はこちら

score002

英語を少し勉強してはいるものの外国人との会話はままならない

TOEICの試験に向けて文法や語彙の勉強をある程度しているが基本的な文法知識で理解していない部分も多い。

使える英語レベル 0.8(頼むから話しかける時はゆっくりねマッチョまん)

おすすめ勉強法はこちら

score003

ちょっと自分の英語力に自信がついてきたと同時に先は長いと感じ始めるレベル。

外国人ともキレイな文章では話せないがコミュニケーションが少しできる。

相手の言っている事が場合によっては全くわからない。(特にネイティブスピーカー)

使える英語レベル1.5(ちょっとCNNでも聞いてみようかな俺っち)

おすすめ勉強法はこちら

score004

英語は得意なほうだし好き。

ビジネスでも自分の専門分野ならある程度こなせるレベル。

ネイティブの早い英語はけっこうわからない。

飲み会では仕事以外の話にはついていけない。

使える英語レベル2.0(海外で駐在してますけど何か)

おすすめ勉強法はこちら

score005

英語を日本語を介さず英語として処理でき始めるレベル。

細かいニュアンスが理解できないがビジネス関係なら十分仕事ができる。

ネイティブのなまりとかイギリスなまりとかが気になり始めるころ

使える英語レベル2.5(英語なんて全然ですよ〜。(心の中では「はい!得意です。」))

おすすめ勉強法

score006

海外で生活するには困らないレベル。

英語を勉強する習慣化されている状態。英語でニュースも結構理解できる。

聞き取りはだいぶ出来るがスピーキングは思い通りできない。

使える英語レベル3.0(900点やったー!。でもまだまだ話せない事がおおいんだよなぁ。)

おすすめ勉強法

●テスト結果はいつわかるの?

30日以内に公式認定証が送付されます。

ネットで申し込んだ方はスコアを約2週間後位からネット上で閲覧可能。

It is a piece of cake!
楽勝だよ人生なんて!

サブコンテンツ

メインメニュー

そもそもTOEICとは

TOEIC得点別勉強法

 ・600点入門

 ・730点で中級者仲間入り

 ・820点海外実践レベルへ

 ・860点で上級者への道

 ・900点でさらなる極みへ

 ・990点への挑戦

必要な勉強時間は

最も効率的な勉強の順番

参考書Forestの効率的な使い方

Youtubeおすすめ勉強サイト

リテリング勉強法

TOEIC初心者の3つの心得

スコアアップ!この教材

ダーウィンの進化論で英語の勉強ですね

室伏さんのトレーニングを参考!

1冊でも参考書をやりきれます?

●TOEIC得点別勉強実践編

1ヶ月でTOEIC600点

730点を目指すなら逃げずに発音月間をもうける

3ヶ月でTOEIC800点

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(1ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(2ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(3ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(4〜6ヶ月目)

●TOEIC分野別勉強実践編

エビングハウス忘却線を把握してTOEIC英単語を覚えるべし!

英語の勉強は毎日、2週間がキーワード

リスニング強化に音読って本当に意味あると思ってます?

単語を覚えられない人。これだけやってください。

●TOEICパート別勉強実践編

TOEICPart1対策これだけは知っておこう。

TOEICPart1.2で正しい勉強法を知る

TOEICPart2はリエゾンで圧勝する

TOEICPart3.4を正しく克服する勉強法を知る

TOEIC part5は問題数をこなして正しく勉強する

TOEIC part6は地味だが満点取れない難関パート

TOEIC part7の正しい勉強法が他のパートの正答率を劇的にあげる

●TOEIC発音から逃げるな

発音を逃げずにやろうよ(ア)

発音を逃げずにやろうよ(オ)

発音に役立つ厳選Youtube

無料Youtube勉強サイト!

無料Youtube勉強サイト!

最初に勉強すべきは絶対に発音です。ここから逃げていませんか??

発音できない単語は聞き取れない

他のサイトもご参考に!!

このページの先頭へ