「TOEIC part1」タグの記事一覧

TOEICのPart1への対策これだけは知っておこう。

TOEICのPart1は組みしやすい相手でありながら以外に満点を取得するのが難しいと言われています。 やさしい問題は確実に正解を稼いで、難しいと言われるところはある一定の傾向を把握しておいて、割り切って解けば正答率をアップすることができます。   解き方の説明が放送されている間に10枚の写真を見る。 最初にTOEICの問題をどのように解くのかディレクションが示されます。この時間は非常に貴重です。10枚の写真をばっと眺めてどのようなことがリスニングで流れてくるかある程度予想をしましょう。 まず、人が何か動作をしている写真があればここは確実に正解を目指しましょう。流れてくる音声はほぼ He/She is doing ぶらぶらぶら〜〜〜 この形ですから「doing」の部分をこれでもかって集中して聞くようにすればOKです。 人が何か動作をしているのではなく物が置いてある写真、つまり何かの状態を表している写真はちょっと厄介です。 流れてくる英文の主語が予想できないからです。高層ビルが遠くにたくさん立っていて手前には噴水のある公園が描写されている写真があった場合に主語は何になるかわかりますでしょうか? 高層ビル群なのか、高層ビルの中でも一番低いビルのことを言ってくるかもしれません。はたまた噴水のことを述べてくるかも知れません。はじめの単語をしっかり聞き取らないといけないので難易度があがります。 人間は不思議とはじめの単語がある程度予想ができていると話の内容がすんなり頭に入ってきます。はじめの単語が全く予想できない場合は思った以上に聞き取る事ができないのです。 知らない単語が出てきたら最後の2択で勘で勝負 少しふざけたポイントではありますが。。知らない単語がTOEICのPart1では必ずと言ってもいいくらい1つや2つでてきます。知らない単語がでてくると「おっ、よくわかんなかったけど正解なのか!??」と焦ってしまい次の英文を聞き逃すことなんてこともあります。 ここでのポイントは知らない単語が出てきたらとにかく忘れる。残りの英文を聞いてこれが間違いなく正解と思うものがあれば問題なし。たぶんこれが正解かな??と半信半疑のものがあった場合にはさっきの知らない単語が入っていた英文との勝負(2択)になります。 ここからは管理人の感覚ですが知らない単語が入った英文は不正解と思った方が正答率があがると思います。TOEICの試験を出す側の心理なのかわかりませんが難しい単語も1つや2つは出そう。。でもその単語を知らないのと正解できないってのはちょっとお気の毒と思っているのかもしれませんね。 まとめですがPart1では人物が動作をしている問題は確実に動詞に注目してヒアリング、景色などの状態を表している問題は主語をとにかく集中して聞くようにするといいと思います。

TOEICで8割〜9割正解できるようになるPart1&Part2勉強法

・TOEICのPart1,2はバカに出来ませんよ。リスニング・リーディングの基礎を育む絶好の機会 TOEICのpart1,part2は900点を突破したいと思っている人は9〜10割の正解率を求められますし、600点を目指そうとしている人もこのセクションでなるべく正解を稼いでおく必要があります。 このPart1,2はTOEICの試験の中では簡単な方に分類されるとおもわれるでしょうが、勉強という観点ではとても重要かつ利用価値のあるセクションだと思います。 なぜか?。 それはここである事をやってない人はいつまでたってもTOEICでスコアアップなんてできないからです。もちろん英語力の向上なんてもってのほかです。 Part 1,2は解く、音読する、分析するの3セットで勉強する まずは【解く】 普通に問題集(おすすめはTOEICテスト新公式問題集)を解いてください。答え合わせはどっちでもやってもやんなくてもどっちでもいいですがまずは試験の問題レベルや解答する感覚を把握しましょう。 次に【音読する】 Part1なら選択肢4つの文章、Part2なら質問1、選択肢3つの文章を全て音読しましょう。その際にわからない単語・語彙は調べてください。音読は最低100回してください。8割くらいは暗記するくらいがベストです。 最後に【分析する】 最後にもう一度問題を解いてみて聞き取れなかった英文にチェックを入れておきましょう。ここでいう聞き取れないというのは英文の1つの単語でも聞き取れなかったらチェックを入れる事がポイントです。 チェックをしたらなぜ聞き取れなかったのか分析します。以下の2つが理由だと思うので何度も聞いてなぜ聞き取れないのかなぜ・なぜ・なぜ分析します。 理由1:そもそもその単語の発音の仕方を覚えきれていない。 理由2;音の連結・消失を理解していない。(英語は1つ1つをはっきり発音してくれないことを知る) 理由1は簡単です、今一度発音の仕方を調べて覚えてください。理由2に関してはこれも覚えなければいつまでたっても聞き取る事ができません。もし音の連結・消失を理解していない人はこちらのリエゾンを理解しよう。単語がつながると読み方が変わるものをさっさと覚えてしまおう!を参考にしてください。 最後に分析完了したのですっきりとした気持ちで全ての英文を50回音読して終了です。 ここで大事なのは正しい発音を理解して英語の日本語にはない音の連結・消失をしっかり把握するという事です。これを司会しないでいくらリスニングの勉強をしても必ず壁にぶつかりスコアアップも止まってしまうのです。冒頭でこである事をやってない人はいつまでたってもTOEICでスコアアップなんてできないと言った理由はここにあります。 言語は音です。音の種類や音の出し方のルールを把握しないでどうしてリスニングができましょうか。発音やリエゾンと言った英語のルールをしっかり理解した後の音読はリスニングの強化の一番の栄養剤になりますよ。

サブコンテンツ

メインメニュー

そもそもTOEICとは

TOEIC得点別勉強法

 ・600点入門

 ・730点で中級者仲間入り

 ・820点海外実践レベルへ

 ・860点で上級者への道

 ・900点でさらなる極みへ

 ・990点への挑戦

必要な勉強時間は

最も効率的な勉強の順番

参考書Forestの効率的な使い方

Youtubeおすすめ勉強サイト

リテリング勉強法

TOEIC初心者の3つの心得

スコアアップ!この教材

ダーウィンの進化論で英語の勉強ですね

室伏さんのトレーニングを参考!

1冊でも参考書をやりきれます?

●TOEIC得点別勉強実践編

1ヶ月でTOEIC600点

730点を目指すなら逃げずに発音月間をもうける

3ヶ月でTOEIC800点

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(1ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(2ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(3ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(4〜6ヶ月目)

●TOEIC分野別勉強実践編

エビングハウス忘却線を把握してTOEIC英単語を覚えるべし!

英語の勉強は毎日、2週間がキーワード

リスニング強化に音読って本当に意味あると思ってます?

単語を覚えられない人。これだけやってください。

●TOEICパート別勉強実践編

TOEICPart1対策これだけは知っておこう。

TOEICPart1.2で正しい勉強法を知る

TOEICPart2はリエゾンで圧勝する

TOEICPart3.4を正しく克服する勉強法を知る

TOEIC part5は問題数をこなして正しく勉強する

TOEIC part6は地味だが満点取れない難関パート

TOEIC part7の正しい勉強法が他のパートの正答率を劇的にあげる

●TOEIC発音から逃げるな

発音を逃げずにやろうよ(ア)

発音を逃げずにやろうよ(オ)

発音に役立つ厳選Youtube

無料Youtube勉強サイト!

無料Youtube勉強サイト!

最初に勉強すべきは絶対に発音です。ここから逃げていませんか??

発音できない単語は聞き取れない

他のサイトもご参考に!!

このページの先頭へ