「TOEIC勉強法」タグの記事一覧

TOEIC730点を目指すなら最初から800点を目指すべきだけどどうしても730をめざしたい方へ

TOEICで730点は自然にとるべきもの。800点を目指す仮定で気づいたら730点を超えていた状態にする。 前回1ヶ月でTOEIC600点を取る方法をご説明しました。単語、単語、単語をひたすら勉強する方法でしたね。(初心者でも大丈夫。1ヶ月でTOEIC600点を取る方法を考えてみました。) 次は会社の昇格用件や就職試験の時に有利となりやすい730点を目指そう!と思いたいのですがここは思いきって800点を目指すようにしてください。 理由は2つ。1つ目は800点を超えると回りからおっっすごいね!と一目置かれてなにかしら便利。2つ目は730点を目指す勉強法の多くが文法や語彙力を中心に勉強させるスタンス。この勉強法は効率が悪いです。800点を取った後からじっくりじっくり勉強する方がTOEICのスコアアップという観点からは効率的だからです。 それでも730点を目指す人は発音の勉強のみをする。 初心者でも大丈夫。1ヶ月でTOEIC600点を取る方法を考えてみました。の勉強法を実践していただいた方で730点をどうしても次は目指す必要がある人は徹底的に発音を勉強する事をお勧めします。 リーディングセクションで400点をとる730点を目指すのでなくリスニングで400点を取得してリーディングセクションは330点くらいを目指します。 理由はこちらも2つ リスニングの方が簡単に400点を取れる 発音の勉強をしておくと後で劇的に英語の力がつく。(ここは本当に重要なポイントです) 意外に思うかも知れませんがリスニングの方が少ない勉強時間でスコアがあがります。採点方式もリスニングはある程度の問題が不正解でも450〜495点を獲得できるような方式です。一方、リーディングセクションは2〜3問間違えるだけでも場合によってはスコアがぐんっと下がってしまうのです。 発音の勉強は本当に大事です。管理人は発音の勉強をおろそかにして単語の勉強や夢のような題名のTOEICの参考書を買っては勉強してず〜〜〜っと600〜700点台をうろちょろしていました。TOEICの講師の方や予備校の有名講師の方の一部の方もおっしゃっていますが発音できない単語は聞き取れないという大原則があります。 また、発音をしっかり勉強すると結果的にリーディングの強化にもつながります。詳細は別記事にゆだねますが正しい発音で音読するとリズムが良いので頭の中にイメージとして単語や文章が残り、長期記憶になるまでの時間が正しくない発音(カタカナ英語など)での音読に比べると短時間ですむのです。 730点を取るなら発音勉強を1ヶ月みっちりやりましょう。 発音の勉強は発音記号から。音読にはDUO3.0を使おう。 発音の勉強方法はとてもシンプルです。労力はそれなりではありますが。。 発音記号をしっかり覚える Duoの540の例文を発音記号をしっかり意識して音読する。 これだけです。 発音記号を覚えるって簡単に言いますがここで多くの方が散ってしまいますよね。。 管理人のおすすめは以下の2つを1ヶ月やり続けることです。 1英語耳のCDを聞き、真似してみる。 ポイントは神経質にならない。こんな感じかなで十分です。何度も何度も勉強しているうちにだんだん細かい違いは分ってくるものですから今は大胆かついい意味で適当に真似してみてください。 英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる2010/8/12 松澤喜好 2Youtubeで発音の勉強ができるサイトを利用する Youtubeには本当に便利な教材がたくさんあります。私のおすすめをいくつかご紹介します。このサイトも毎日1ヶ月間聞き続けるとと始めはよくわからなかった発音が1ヶ月後には不思議と全部とはいきませんがかなり分ってくると思います。このレベルで十分リスニングセクションは対応できると思いますので頑張って毎日少しずつ耳を訓練しましょう。 【おすすめサイト】 1発音と発音記号(全てのシリーズを聞いてとにかく真似してください。1回5分程度でそんなに負荷になりません。) 2英語発音専門ドクターDイングリッシュ(英語声シリーズを聞いてとにかく真似しましょう。これも1回3〜5分と短いです。) 1ヶ月発音をみっちりやったらDuo3.0の540の例文を発音記号をしっかり確認しながらゆっくりゆっくり声に出して30回音読してください。 文章では簡単に見えますが非常に大変な作業です。それでも毎日少しつづでも継続することで1ヶ月間、耳と口を使って脳に発音の基礎をしみ込ませることをしないといつまでたっても英語の力はつきません。そして停滞期に入って英語の勉強がつまならくなりあきらめるという悪循環に陥ってしまいます。 ここは覚悟を決めて発音の勉強をしましょう。必ず楽しくなる瞬間がやってきますから。

TOEIC Part7は最後の難所。ポイントはどれだけたくさんの問題を【遅読】できるか

TOEICのPart7は小手先のテクニックはいらない。満点目指すなら超精読➡頭でイメージできる遅読➡最後に音読のサイクルを身につける。 TOEICのPart7は全部で48問で文章題が1つのシングルパッセージ 設問2つ×3題 = 6問 設問3つ×3題 = 9問 設問4つ×2題 = 8問 設問5つ×1題 = 5問 文章題が2つのダブルパッセージが 設問5つ×5題 = 25問 これを時間内(75分)で全ての問題に対応するのはとても大変な労力が必要です。だいたいリーディングのスコアが300〜375点くらいをうろちょろしている人は最後の方の問題を勘でマークしている部分が少なからず数台はあると思います。 一方で00〜495点台をうろちょろしている人は全ての問題を読み切る力がある人たちです。読み切る中にもどれだけ精読できたかで得点に差が出てきます。このレベルになると1分間におよそ200単語(word/min)で読む力が要求されます。これはリスニングの音声の中で少し早い人が話しているのと同じくらいです。   まずは読むスピードは気にしない。1文1文を吟味してじっくりじっくり理解する。 リーディングの強化の勉強法で音読もしくは黙読をとにかくたくさんするべしと言う方が結構います。これは間違っていないと思います。ただ、気をつけなければならないのは音読や黙読をする前の準備を怠っては効果がほぼないと言う事です。車の運転の仕方がよくわかってないのにF1カーにいきなりのって自爆するのと同じですかね。。 文章を音読するメリットは英語のさまざまな言い回しにやコロケーション(単語と単語の組み合わせ:例:consult a dictionary)が自然と頭にはいることです。また英文を読む事に対する苦手意識がなくなり勉強が楽しくなってくるというメリットもあります。 言い回しやコロケーションの意味が分っていない状態で音読しては当然頭に入ってこないので最初にすべき事はやはり精読なのです。 精読のやり方は管理人は以下の方法をお勧めします。題材はTOEIC公式問題集を必ず使ってください。公式問題集のPart7を勉強する事でPart5,6の語彙問題が解けるようになりますし、Part3,4の英文の内容が似ているので聞き取りやすくなるという良い副作用があります。 知らない単語を調べる 読み方がわからない発音を調べる 文章の主語と動詞を把握する。 主語を説明している語や節、動詞の目的語といった主語と動詞に関わっている部分を理解する。 解答のキーとなるキーワードの言い換え表現を調べる。 発音を勉強する意味があるのと思われるかも知れませんが音読する時に正しい発音で読む事ができないとリズムも悪くなり頭に入りにくくなります。また発音できない単語は聞き取れないという大原則があるのでリスニング力の強化にもなるのです。(絶対に間違えてはいけない英語の勉強する順番!文法、単語だけ覚えるなんて無駄のなかの無駄!!) 精読ができたら音読する前に遅読をする。 遅読って言葉が正しいかわかりませんが音読する前に遅読をしましょう。遅読とはどういうものかというとその英文を一度読んだだけで意味が頭の中でイメージできるスピードで読むということです。声に出しても出さなくてもどちらでもOKです。 早く一度読んでも意味がすぐに頭に入ってこない状態は単語の意味も頭の中でなんだっけ??と考えながら、主語はどこだっけと頭の中で考えながら文を解釈しようとしている段階です。頭の中で考える時間をまずは与えて上げましょう。そのために遅読をします。 頭の中で1文が把握できるスピードはまちまちだと思うのでとにかく1度読んで意味が理解できるスピードで読みます。何度も何度も繰り返すとだんだん理解できるスピードが早くなってきます。 管理人の経験では少なくても50回は全ての文章で遅読をしてください。 最後になりきり音読を100回繰り返す。 遅読で声に出してすぐに頭に意味が入ってくる状態になったら後はひたすら声に出して繰り返すのです。ここまでくると後は根気、根気、根気です。とにかく何度も何度も繰り返してください。人間は不思議なもので繰り返すと覚える生き物です。 英語に関して言うと単語の意味だけでなく単語と単語のつながりだったり、先を予測する力もついてくるのです。あっ!この単語が出てきたということはきっとこんな感じの話になってくるかなと分ってくるのです。 この感覚がついてくると読むスピードも速くなるし、問題を解く力もついてきます。予測力というべきでしょうか。うまく説明できないのですが脳が瞬時でいろいろな事を把握することができるようになるのでリーディング強化だけでなくリスニングのPart3,4の長めの文章の聞き取りもできるようになってきます。 音読するときのコツはそのイメージをはっきりと頭の中で浮かび上がらせ話し手に完全になりきってください。(詳しくはリテリングこそが本当に使える英語を身につける!)。無感情で音読するより脳に記憶させるスピードが全然かわります。  

TOEIC Part6は地味で目立たない。それでも9割目指す地道な2つの勉強法

TOEICのPart6は目指すスコアによって勉強方法を変えよう。800点台までは空欄前後のみを読み、900点以上をめざすなら圧倒的なリーディング力で真っ正面から勝負する 【800点台をめざすなら】前後の文章及びその前後を読んで解答する。それで無理ならきっぱりあきらめる。 TOEICで700点後半から800点前半台を目指している人はこのPartは割り切ってテクニック重視の勉強をすることをお勧めします。この後にくるPart7で多くの方が時間がなくなり残り10〜20問を必殺ランダムマーキング「ア、ウ、エ、ウ、ア、オ、、、」の術になってしまいます。800点台を目指すなPart7に時間をかけるべくここはさくっと8割〜9割をとることだけに注力しましょう。 Part6の問題は少し長めの文章の途中にある空欄を埋める問題です。この問題の8〜9割は空欄の前後またはさらにその前後当たりを読むと解く事ができるものが多いです。なぜかというと文脈がわからなくても前後の分の構造だったり、文型を理解すると解く事ができるものだったり空欄の文章の意味を考えて適切な語彙を選ぶものがほとんどだからです。 前後そのまた前後の文章を読んでも分らなかったらもうここはすぱっとあきらめて次の問題にいくのが800点台を目指す効率的な勉強法と言えます。   【900点台を目指すなら】全部読まないと解けない問題がある。ひたすら音読して読むスピードを強化する。 次は900点台を目指す人の勉強法です。9割と言わず10割正解する必要があると思います。逆にいうとここで満点取れない人はPart7も満点を取る事はできないと思います。理由は以下です。 Part6の文章の長さで読むのを手こずっていてはPart7でまず時間切れになる。 Part7の文章は問題がPart6に利用される事が多い。つまりPart6が分らないという事はPart7のわからない問題があるということ。 800点台を目指す方法でご紹介した空欄の前後を読む解き方はせずに、真っ向勝負、全ての文章を1行目から読んで問題を解くようにしてください。問題のうち1〜2問は空欄の前後だけでなく全ての文を読まないと解答できないものがでるからです。 全部読むのですが全部の問題を解答するのに9分以内を目指す。 これが出来る力がつけばPart6だけでなくPart7の必然的に高得点がとれるようになります。 ではどのように勉強するのでしょうか。残念ながらこれは地道に 精読、音読(少なくとも100回)を多くの問題で実践するしかありません。 地道とは言えども勉強する方法に迷っている方におすすめ教材です。 おすすめの教材の情報が欲しいという方のために念のため管理人がおすすめ、というよりTOEICの勉強法ブログの多くが取り上げている以下の2冊を じっくり3回といて音読を50回してください。Part6に出てくる文法、構文、語彙はこれでほとんど網羅できます。  1駅1題 新TOEIC TEST文法特急 新書 – 2009/10/7 花田 徹也  (著)  1駅1題 新TOEIC TEST単語特急 新書 – 2009/10/7 森田 鉄也  (著) この2つをやれば9割を確実に正解する力をつけることができると思います。 最後に簡単なまとめです。Part6の勉強法ですが800点台を目指すか900点台を目指すかで勉強方法を変えましょう。 【800点台】空欄の前後またはその前後まで読んで解答する。分らない場合はすぐ次の問題へ 【900点台】真っ向勝負。1行目から読んで問題をとく。徳地間は9分以内を目指す。 教材に迷っている人は上記の文法特急、単語特急を3回といて50回音読する。

TOEIC part5は圧倒的問題数をこなして9割正解する

TOEIC part5は圧倒的問題を精読・音読すること9割の正答率を確実に確保しよう。 TOEICのリスニングを45分間集中しまくって聞いた後に、はじめにやってくるのがPart5です。いわゆる文法、語彙の問題といわれているセクションです。 このセクションは圧倒的な問題数をこなすことで多くの方が9割以上の正答率を獲得できるいわゆるやればやるほど結果が見えてくるボーナスステージです。ただし、全問(10割)正解となると急にエベレストが現れたくらい難しくもなるのですが。。9割はある程度の努力で可能ですから地道に勉強しましょう。 9割とるのに必要なレベルを把握する。 Part5だけでなくリーディングセクションでの目安になるのですが、 1分間に160wordsを読むスピードを身につける 設問は1問15〜25秒で解く リーディングで多くの方が陥るパターンが時間が足りなくてPart7の最後の方は勘でマークするです。これを解決するためにはまずどれくらいのスピードで英文を読む必要があるのかを知る事です。 上に書きましたように1分間に160単語くらいが目安になると思います。どれくらいのスピードかというとリスニングのスクリプトを話しているダンディと思われる男性か男性顔負けのキャリアウーマンと思われる女性が話しているスピードです。これってけっこう早いですよ。 Part5の設問は40問あります。これが解いてみたことある方はお分かりでしょうがものすごく疲れます。このセクションの後にさらにやっかいなPart6、そして長文だらけのPart7とどんどん壁が高くなっていきます。なるべくPart5はさくさくっと解ける力をつけて15秒くらいで、見た瞬間になんとなくあっこのパターンねとわかるくらい問題をたくさん解いて慣れましょう。 まずは精読、精読、精読。精読なしで音読しても効果が半減します。 文法、語彙力をつける正しい勉強法はだいたいどのサイトでも言っている事は同じだと思います。まずはPart5の問題を精読する。精読するとは以下を確実に実行します。 知らない単語を調べる 文の構造を把握して翻訳する 発音できない単語は発音をきちんと覚える 知らない単語は知らないと始まらないので当然しらべます。文の構造は自分でいくら考えても分らないものがあってはせっかく勉強しているのみ無駄な時間になってしまうので文の構造も詳細に説明している参考書を使う事をお勧めします。もしどれがよいか迷っているならTOEICの参考書で鉄板とも言える 文法特急がをお勧めします。  1駅1題 新TOEIC TEST文法特急 新書 – 2009/10/7 花田 徹也  (著) コンパクトでどこでも時間が出来た時にぱらぱらっとめくって勉強できますし、なんといっても文の構造についても本当にわかりやすくかつ詳細に記述されています。 精読が終われば後は音読したぶんだけ正答率がアップする 精読が終わればこれまた英語の勉強で流行語大賞になりそうな勢いの音読です。音読する際のポイントは 音読は最低でも10回。(文法特急なら2〜3日) 後は1週間おきくらいにまた2〜3日かけて音読する。1ヶ月 音読するときはその文章のシチュエーションをイメージする。(単語力の強化及びリスニング力につながります。) 次の問題集へ(管理人はTOEIC公式問題集をやりました。) 最後にPart5の勉強法を簡単にまとめておきます。 どれくらいのスピードで解けばよいのか把握する。(1問15秒をめざす。) 精読をじっくりやる。(単語、文の構造、発音など) 場面をイメージして音読(最低10回、1ヶ月の間に4セット)

TOEICリスニングの最大の山場、Part3,4の正答率を9割めざす方法

Part3,4を乗り越えた人だけがリスニングで400点を突破、さらには満点を実現できる。徹底的な暗唱こそ達成への効率的な勉強法です。 リスニングのパートで難関なのはやはりPart3,4ですね。単語がちらほら聞き取れるけど内容はほとんどわからない。なんとなく言っている事はわかるけど問題を解くころには何を言っていたか忘れてしまっているなんて事が多いのではないでしょうか。 Part3,4を効率的に勉強するには大きく2つの勉強法があります。(基礎編、応用編とします。)基礎編はTOEICで600〜730点を目標としている人が必ず実践してほしい勉強法で、応用編はリスニングで400点から満点を目指しながらも350点前後で停滞している人におすすめです。 基礎編:問題を解く、音読する、分析するの3プロセスで土台を完成させる これはTOEICで8割〜9割正解できるようになる勉強法Part1&Part2のブログ記事で書いたないようとほとんど同じです。リスニングの力をつけるための基礎ができていないとどんなに勉強してもある段階で力が伸びなくなってしまうのできっちりとリスニング基礎土台をつくりましょう。 【問題を解く】 TOEICテスト新公式問題集のPart3,Part4を試験と同様に解いてみる。 何度でも聞き直していいのでこれでもかと聞いて答えを考えてみる。ここはとても重要で後で記憶に強く残すためにも何度も何度も聞いてなるべく意地でも正解してやる等気持ちでやりましょう。 せっかくなので答え合わせしましょう。 【音読する】 問題を解いた際は正答率が動だったとかはどうでもいいです。そんな事はすぐに忘れてPart3,4の文章を100回音読します。音読する際に知らない単語や語彙があればそれは調べてから音読をしましょう。単語を調べるだけでも血行の労力ではありますが基礎力の土台をつけるためにここは我慢です。 【分析する】 今一度、問題を解いてみます。その時に聞き取れなかった英文にはマーカーで線を引いておきましょう。そしてなぜ聞き取れなかったのかを分析します。分析する観点は音の連結、消失(いわゆるリエゾンと呼ばれているもの)を重点的に意識します。リエゾンを知らない人はこちらのブログ(リエゾンを理解しよう。単語がつながると読み方が変わるものをさっさと覚えてしまおう!)を参考にしてください。覚えるべきリエゾンは70程度ですので知らないものがあったら全部覚える必要はないので都度覚えるようにしてください。 分析が終わったらマーカーで線を引いた文章を100回音読して終わりです。 応用編:リスニング満点とるために暗唱する 基礎編で何度も何度も音読しているのでPart3,4の問題はなんとなく覚えている事と思います。しかし、これだとなかなかリスニングで400点を突破する事は難しいです。実は暗唱(全ての英文を覚える)するのがこの壁を突破する最良の方法です。 なぜ暗唱なのでしょうか?基礎編をきっちりこなした人はどのようなレベルになっているかというとPart3,4で言っていることはなんとなく聞いた時に分るのですが、記憶にはっきりと残っていないのです。それは100回音読したのにも関わらず聞いた英語を日本語に翻訳するという思考が働いているからです。 appleという単語をみたり聞いたりしたら瞬時に「リンゴ」と何も考えずに浮かぶと思いますがvulnerabilityという単語をみたり聞いたりして瞬時に「脆弱性」となる人はなかなかいません。 リスニングで満点を目指すにはこの瞬時に意味がわかる力をつける必要があります。単語ではなく文章を聞いた時に瞬時にわかる力を身につけるという事です。これには徹底的に暗唱をすることで実現できます。いわゆる長期記憶に結びつける(エビングハウス忘却曲線に学ぶ単語を徹底的に効率的に学ぶ勉強方法!)のです。長期記憶に結びついた文章と似たような英文を聞くとほぼ瞬時に意味がわかるのでPart4のような次から次への流れてくる英文をきっちり把握できるようになります。 ただ暗唱しろというのも酷なのでちょっとしたコツをお伝えしておきます。人間はイメージと結びつけると長期記憶に残りやすいと言われていますので暗唱する際はその場のイメージ(空港のアナウンス嬢になったつもりとか、新商品のセールスマンなどなど)を強く想像しながらなりきり暗唱してください。余裕がある方はリテリングこそが本当に使える英語を身につける!を読んでリテイリングをたくさん行って聞き取る力はもちろん、話す事ができる真の英語力も身につけてみてください。 最後に簡単におさらいです。Part3,4の勉強法です。 問題を解く(TOEIC新公式問題集がおすすめ) 音読100回 分析:音の連結、消失のパターンを覚える 暗唱:英文の状況をイメージしながらなりきって暗唱する。

サブコンテンツ

メインメニュー

そもそもTOEICとは

TOEIC得点別勉強法

 ・600点入門

 ・730点で中級者仲間入り

 ・820点海外実践レベルへ

 ・860点で上級者への道

 ・900点でさらなる極みへ

 ・990点への挑戦

必要な勉強時間は

最も効率的な勉強の順番

参考書Forestの効率的な使い方

Youtubeおすすめ勉強サイト

リテリング勉強法

TOEIC初心者の3つの心得

スコアアップ!この教材

ダーウィンの進化論で英語の勉強ですね

室伏さんのトレーニングを参考!

1冊でも参考書をやりきれます?

●TOEIC得点別勉強実践編

1ヶ月でTOEIC600点

730点を目指すなら逃げずに発音月間をもうける

3ヶ月でTOEIC800点

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(1ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(2ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(3ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(4〜6ヶ月目)

●TOEIC分野別勉強実践編

エビングハウス忘却線を把握してTOEIC英単語を覚えるべし!

英語の勉強は毎日、2週間がキーワード

リスニング強化に音読って本当に意味あると思ってます?

単語を覚えられない人。これだけやってください。

●TOEICパート別勉強実践編

TOEICPart1対策これだけは知っておこう。

TOEICPart1.2で正しい勉強法を知る

TOEICPart2はリエゾンで圧勝する

TOEICPart3.4を正しく克服する勉強法を知る

TOEIC part5は問題数をこなして正しく勉強する

TOEIC part6は地味だが満点取れない難関パート

TOEIC part7の正しい勉強法が他のパートの正答率を劇的にあげる

●TOEIC発音から逃げるな

発音を逃げずにやろうよ(ア)

発音を逃げずにやろうよ(オ)

発音に役立つ厳選Youtube

無料Youtube勉強サイト!

無料Youtube勉強サイト!

最初に勉強すべきは絶対に発音です。ここから逃げていませんか??

発音できない単語は聞き取れない

他のサイトもご参考に!!

このページの先頭へ