「TOEIC効率的勉強法」タグの記事一覧

TOEIC part5は圧倒的問題数をこなして9割正解する

TOEIC part5は圧倒的問題を精読・音読すること9割の正答率を確実に確保しよう。 TOEICのリスニングを45分間集中しまくって聞いた後に、はじめにやってくるのがPart5です。いわゆる文法、語彙の問題といわれているセクションです。 このセクションは圧倒的な問題数をこなすことで多くの方が9割以上の正答率を獲得できるいわゆるやればやるほど結果が見えてくるボーナスステージです。ただし、全問(10割)正解となると急にエベレストが現れたくらい難しくもなるのですが。。9割はある程度の努力で可能ですから地道に勉強しましょう。 9割とるのに必要なレベルを把握する。 Part5だけでなくリーディングセクションでの目安になるのですが、 1分間に160wordsを読むスピードを身につける 設問は1問15〜25秒で解く リーディングで多くの方が陥るパターンが時間が足りなくてPart7の最後の方は勘でマークするです。これを解決するためにはまずどれくらいのスピードで英文を読む必要があるのかを知る事です。 上に書きましたように1分間に160単語くらいが目安になると思います。どれくらいのスピードかというとリスニングのスクリプトを話しているダンディと思われる男性か男性顔負けのキャリアウーマンと思われる女性が話しているスピードです。これってけっこう早いですよ。 Part5の設問は40問あります。これが解いてみたことある方はお分かりでしょうがものすごく疲れます。このセクションの後にさらにやっかいなPart6、そして長文だらけのPart7とどんどん壁が高くなっていきます。なるべくPart5はさくさくっと解ける力をつけて15秒くらいで、見た瞬間になんとなくあっこのパターンねとわかるくらい問題をたくさん解いて慣れましょう。 まずは精読、精読、精読。精読なしで音読しても効果が半減します。 文法、語彙力をつける正しい勉強法はだいたいどのサイトでも言っている事は同じだと思います。まずはPart5の問題を精読する。精読するとは以下を確実に実行します。 知らない単語を調べる 文の構造を把握して翻訳する 発音できない単語は発音をきちんと覚える 知らない単語は知らないと始まらないので当然しらべます。文の構造は自分でいくら考えても分らないものがあってはせっかく勉強しているのみ無駄な時間になってしまうので文の構造も詳細に説明している参考書を使う事をお勧めします。もしどれがよいか迷っているならTOEICの参考書で鉄板とも言える 文法特急がをお勧めします。  1駅1題 新TOEIC TEST文法特急 新書 – 2009/10/7 花田 徹也  (著) コンパクトでどこでも時間が出来た時にぱらぱらっとめくって勉強できますし、なんといっても文の構造についても本当にわかりやすくかつ詳細に記述されています。 精読が終われば後は音読したぶんだけ正答率がアップする 精読が終わればこれまた英語の勉強で流行語大賞になりそうな勢いの音読です。音読する際のポイントは 音読は最低でも10回。(文法特急なら2〜3日) 後は1週間おきくらいにまた2〜3日かけて音読する。1ヶ月 音読するときはその文章のシチュエーションをイメージする。(単語力の強化及びリスニング力につながります。) 次の問題集へ(管理人はTOEIC公式問題集をやりました。) 最後にPart5の勉強法を簡単にまとめておきます。 どれくらいのスピードで解けばよいのか把握する。(1問15秒をめざす。) 精読をじっくりやる。(単語、文の構造、発音など) 場面をイメージして音読(最低10回、1ヶ月の間に4セット)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する方法。何度も挫折してきた人に最後に挑戦してほしいメソッド(ラスト3ヶ月)

3ヶ月でTOEIC900点を取るための基礎力は完成しました。後は3ヶ月ある教材をやり込むだけでOK TOEICで900点を6ヶ月で突破するための方法の最後の記事になります。最初の3ヶ月圧倒的な単語力をDUO3.0で身につけこれでもかというほどTOEIC公式問題集でTOEICの問題を把握しながらTOECで出題される95%の単語を習得してきました。 ・TOEIC900点を6ヶ月で実現する方法。何度も挫折してきた人に最後に挑戦してほしいメソッド(1ヶ月目) ・TOEIC900点を6ヶ月で実現する方法。何度も挫折してきた人に最後に挑戦してほしいメソッド(2ヶ月目) ・TOEIC900点を6ヶ月で実現する方法。何度も挫折してきた人に最後に挑戦してほしいメソッド(3ヶ月目)  残り3ヶ月。確実な勉強法を選択しよう これだけでももしかしたらTOEIC730点を突破できてしまっている人もいると思います。試しに一度受けてみるのも自分の実力が把握できてモチベーション維持になると思いますのでよいかと思います。 さて残りの3ヶ月で何をするかという話ですが非常にシンプルです。TOEICで900点を取るためには TOEICで900点を突破した方法で勉強する事です。  はぁ??と思うかもしれないのですがこれはとても重要です。もしTOEICで350点を突破した38歳のばりばり商社まんが私の勉強法で勉強すれば900点突破できますよと言ってたらどうでしょうか。もしTOEIC900点を3ヶ月で突破した15歳の今年中学校を卒業する予定の子供が私の勉強法で勉強すれば900点突破なんてすぐですよと言ってきたらどうでしょうか。どちらを選びますか? かなり極端な例を出しましたが絶対に後者の中学生の勉強法を真似すべきなのです。もう一度いいますよ。ある目的を実現したい場合は実現した事がある人の手法・経験を絶対に参考にすべきなのです。 インターネットで「TOEIC 900点」とかで調べればたくさん勉強方法は出てきます。正直言うとそれが本当であるならどの勉強方法を採用してもよいかと思います。皆さんがこれなら勉強できそうだというものをご自分で判断して決めたらそれを信じて勉強してみてください。  個人的には本当にこれで大丈夫か?こんな勉強方法は効率悪いでしょというのが散見されるように見受けられます。また小手先のテクニックに重点を置いていて楽して900点突破みたいなものもあります。はっきり言ってナンセンスです。そんなテクニックを利用して取った900点なんて何の訳にも立たないからです。海外に行って流暢に話す事もできません。せっかく900点取るのでスアkらそれを利用して海外旅行を楽しんだり、ビジネスで海外の猛者と激論を交わすのが人生を豊かにするってもんです。  みなさんには間違った選択を申してほしくないので管理人が勉強して実際に900点を突破した教材を紹介しようと思います。 TOEIC戦略論ver2.3で勉強する。これだけ。   石崎力也さんのTOEIC戦略論ver2.3     宣伝か!?思われるかもですが。。私はこれでTOEIC900点を突破する事ができました。実際に取ったから言えるのですがこれで勉強すれば間違いないと思います。ただですね。。簡単に取れると思ったら大間違いですよ笑。かなり大変です。かなり疲れます。TOEICで900点を短期間でとるなんてなかなか出来ない事ですからそれなりの労力がいるのは当たり前です。 石崎力也さんの経歴やどのようなコンテンツなのかの詳細はぜひこちら(TOEIC戦略論)をご参考にしていただきたいのですが簡単に言うと、 圧倒的なTOEIC試験の分析に基づくメソッド 分析結果に基づいた●●だけ勉強しろ。xxは勉強するなという戦略がわかりやすい 文書だけでなくビデオにまとめたるのでとても理解しやすい 発音の重要性をきっちり教えてくれる。 マインドが最高。1、2年勉強してTOEIC900点取れてないやつはそもそも勉強法がダメ! 正しい勉強法を明確に定義してくれるから不安にならない なんといってもこの方法でとった900点は世界で通用する英語力になる 最初からこれをやればいいじゃんと思う方もいるかも知れないのですが管理人の経験から事前にやっておいた方がより効率的にこの教材を使えるのではと思い最初の3ヶ月で英単語・公式問題集(詳細はこちら)を勉強してもらいました。 なんていえばいいのでしょうか。そうすることでこの教材を勉強する時間がかなり短縮できると思った事、重労働なこの教材をやりぬく体力をつける事ができるからと思ったからです。 まとめ。900点を突破するには 最後にもう一度TOEIC900点を6ヶ月で突破する方法を簡単にまとめておきます。 DUO3.0の単語をひたすら覚える(1ヶ月目) TOEIC公式問題集をやり抜く。出てくる単語を全部覚える(2ヶ月目) 徹底的に発音を磨く(3ヶ月目) 実際に900点を突破した人の勉強法で勉強する(4〜6ヶ月)  ※管理人のおすすめはTOEIC戦略論ver2.3  全4回にわたりTOEIC900点を6ヶ月で実現する方法をお伝えしてきました。この方法で900点を突破する事は必ずできると信じております。私はこれで900点を突破して今や海外の国際機関でばりばりに働いています。同僚達の国籍は30をも超えてます。(アメリカ、イギリス、ケニア、カタールなどなど)。およそ3年前なんて英語を使ったビジネスなんて1ミリも考えてなかった私がこの勉強法で900点を突破してから本当に人生が変わりました。今は本当に勉強してよかったと思います。楽しくてエキサイティングでハッピーです笑! 皆さんもぜひ900点を突破して自信をつけ、自分のやりたい事、将来の夢を一日でも早く実現できるように頑張ってください。 ちょっとしたコツみたいなもの(私がつらい時に言い聞かせている事)を最後に 見るだけ・読むだけ愚の骨頂。すぐに実践すべし。 人生なんて楽勝だぜというマインドがすべてを楽にする。 It is a piece of cake!

TOEIC900点を6ヶ月で実現する方法。何度も挫折してきた人に最後に挑戦してほしいメソッド(3ヶ月目)

徹底的に単語を覚えた2ヶ月間、次へのステップのためにすべき事はあとは発音の基礎体力を地道に作る事   発音の勉強の前にせっかくだからTOEICの試験を一度受けておきましょう。 この2ヶ月でいやってほど単語の勉強をしてきました。DUO3.0はぱりっぱりっの状態だったのがしなっとしてきたのではないでしょうか。TOEIC公式問題集も単語の勉強のためにこれでもかと音読してきた皆さんには一度TOEICの試験を受ける事をお勧めします。現時点での実力を知るというのも大切ですがなにより試験を経験する、慣れることはスコアアップのためには必須です。スコアを取る事が目標ではありませんが今回はあくまでもTOEIC900点を取るという目的を達成する事を最優先においています。試験に慣れる事はとても重要ですから1度試験を受けてみてください。 受けてみると分るのですが結構焦ります。。2ヶ月目にTOEIC公式問題集を問いているときはいつでも解答をみたりリスニングを何度も聞き直す事ができたのですが試験ではそうは行きません。聞き取れないものがあるとあれ?あれ?いま何て言った???やべ!やべ!。 気づいたら次の問題も聞き逃すのです。。 こういった事は実際に試験を受けてみて分るものですからぜひ一度誰もが通る道を経験しておきましょう。   3ヶ月目でするべき事は発音の勉強。皆が一番嫌いな発音記号をきっちり覚える事をはじめよう。 日本人って英語の発音が苦手です。それはなぜでしょうか。答えは非常に明快です。発音の勉強をほとんどやらないからです。読む、書くことは学校教育でこれでもかとやりますがなぜか発音の授業はほとんどないのです。 発音できない単語は聞き取れない。。 今一度この原則を知るべきです。(詳しくはこちらから) ここは一念発起、あのまったく読み方がわからない発音記号を覚えてしまいましょう。これが3ヶ月目でやることです。発音記号を覚えて、たくさん声にだして音読しているとだんだん発音記号の事を忘れて単語を見た瞬間に発音が出来るようになるときがきます。発音できると同時にその単語のリスニングも必ず出来るようになるのでTOEICのリスニングのスコアが劇的にあがります。 発音記号の勉強はどうやってするのでしょうか。これは非常に簡単です。発音の勉強といったらこれと言われるくらいの著書、松澤喜好さんの英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができるをひたすらやるだけです。 英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる 単行本(ソフトカバー) – 2010/8/12 松澤喜好 (著) この本に書いてある通りに勉強してください。1ヶ月で少なくとも100回は繰り返し繰り返し練習してください。   3ヶ月で圧倒的な単語量を勉強し、発音の基礎力を徹底的に勉強しました。これで少なくともTOEICで900点を取るための気を体力は出来たと思いますので次回からはより実践的な勉強をしていきましょう。

【TOEICの壁】990点  頂点にたどりつく

TOEICで最高点。 990点を取得するのは究極の 領域に足を踏み入れることになります。   900点程度であればTOEICの試験で トータル15問くらい間違っても 大丈夫です。 990点はほぼ100%正当しないと 取得する事ができないので一瞬たりとも 集中力を欠かしてはいけないのです。   リスニングは比較的簡単に全問正解 出来ている人が多いと思いますが この感覚(英語感とでもいいましょうか)を 維持するためにも倍速でリスニングを 聞き続けるのが効率的な勉強法です。 ネイティブの会話のスピードはTOEICの 音声のおよそ1.25倍〜1.5倍なのです。 TOEICの試験で音声が遅いなと感じる事が できるようになるためにもさらには 真の使える英語をマスターするためにも 倍速で日頃から聞いておくのは絶対必須です。   倍速で聞く勉強法は聞いた事があると思いますが 意外に毎日継続してリスニングしている人は 少ないのです。倍速で1年間聞こえた音を 口に出しながら勉強することをお勧めします。   もう一つ大事な事があります。それは 英語を何となくで使えるようになることです。 は??と思うかもしれません。 勘違いしてほしくないのは990点レベルを 目指せる勉強をしてきた人がこの勉強法を することです。600点レベルの人が英語を何となく 使えるようになる勉強法をしても単なる勘で全く 意味がありません。習得すべきは【英語感】です。   日本語でもそうですがいちいち文法や語彙を 頭の中で考えて話しません。ネイティブでない 私たちが英語でそのようなレベルになることが できれば990点を取る事はそんなに難しい事では ありません。   ではどうやってこの何となく英語ができる力を 身につけるのかというと管理人は暗唱を進めます. とにかく暗唱、暗唱、暗唱です。 自分の好きな文章(ニュースでも映画でも)を 一つ選んでください。そして精読をしっかり行いましょう。 その後にひたすら暗唱です。いきなり丸暗記は 難しいので英文をちらちらと見ながら何度も何度も 声に出していきます。 そうですね回数的にはトータルで最低でも100回は 声に出して読むと良いでしょう。 そして暗唱が出来たらその音声を聞いてみてください。   今までに経験した事がないくらい鮮明にゆっくりと 音声が聞こえてびっくりすることでしょう。 今まで気にしなかった深い部分まで聞こえるように なります。さらにはこのトレーニングをTOEICの 問題集の英文全てで実施すれば必然的にリーディングの力は つきますし、さらにはスピーキングやライティングの力も つくのです。   最後に管理人がおすすめする990点を取得するための 参考書を紹介しておきます。 上記2つの勉強法とこの本をみっちり勉強すれば 990点を必ず取得出来る日がくるでしょう。 最後にもう一度。 900点を超えた人だけが実施すべき 勉強法ですのでお間違いないように。 900点を突破してきた人だから この勉強法の大変さも重要さも 理解してくれると思います。 990点は人生のうちで一度くらい 取得しておくとちょっと自慢に なりますよ!!

Home

成功者が知っている 英語勉強の大原則をまとめました。 どうぞこちらから🔽 ●新着情報 最近1週間の閲覧ランキング ♦これだけは知っておこうTOEICについて 1.TOEICとは? 2.管理人の独断・偏見TOEICのスコアと能力 3.絶対守るべき3つの勉強順番 4.勉強に最低限必要な時間は? 5.スコア別で勉強方法は変えるべき?? 6.TOEICに物足りなくなったら。更なる極みへ ==TOEIC超効率的勉強法TIPs集== ●そもそもTOEICとは(試験を受ける前に試験のことを知っておこう) ●出来るやつはTOEICの勉強は6ヶ月でやめる。勉強できないやつは死ぬまでやってる。 ●1冊でもとことん参考書をやりきったことありますか? ==TOEICスコア別勉強法概論== ●600点への道のり(まず目指すべき第一関門) ●730点で中級者仲間入りしよう(海外出張もここが最低条件) ●820点海外実践レベルへ (820点取ってやっと海外ビジネス入門レベル) ●860点で上級者への道(あと少し、900点の山頂への準備段階) ●900点でさらなる極みへ (ここからが英語の真の面白さを知る入り口) ●990点への挑戦(やるならここまで。とことんTOEICを利用せよ) ==TOEICスコア別勉強実践編== ●単語・単語!!1ヶ月でTOEIC600点 ●TOEIC730点を目指すなら最初から800点を目指すべきだけどどうしても730をめざしたい方へ。発音、発音、発音です。 ●TOEIC800点突破!まだまだ単語本を使いまくれ! ●TOEIC900点を6ヶ月で実現する方法。(単語・単語・単語!1ヶ月目) ●TOEIC900点を6ヶ月で実現する方法。(まだまだ単語!2ヶ月目) ●TOEIC900点を6ヶ月で実現する方法。(発音から逃げるな!3ヶ月目) ==TOEICパート別勉強実践編== ・TOEICのPart1への対策これだけは知っておこう。 ・TOEICで8割〜9割正解できるようになる勉強法Part1&Part2 ・TOEICPart2はリエゾンを勉強しないと9割取れない ・TOEICリスニングの最大の山場、Part3,4の正答率を9割めざす方法 ・TOEIC part5は圧倒的問題数をこなして9割正解する ・TOEIC Part6は地味で目立たない。それでも9割目指す地道な2つの勉強法 ・TOEIC Part7は最後の難所。ポイントはどれだけたくさんの問題を【遅読】できるか ==TOEIC勉強に際に役に立つ情報・戦術== ●いったいどれくらいの勉強量が必要なの? ●意外に知らない人が多い、最も効率的な勉強の順番を理解しよう ●エビングハウス忘却線を把握してTOEIC英単語を覚えるべし! ●楽しく勉強することも重要。リテリング勉強法をうまく利用しよう ●TOEIC初心者の3つの心得(つらく際しい道だからこそ心の準備をしよう) ●Youtubeおすすめ勉強サイト ●スコアアップ!この教材(どうせやるなら効率よい最高レベルの教材を) ●一家に一冊。参考書Forestの効率的な使い方 ●TOEICのリスニング強化に音読っていうけどやり方間違えてるならやらない方がましですね。 ●ダーウィンの進化論から英語の正しい勉強方法を学ぶ ●もう英単語覚えられない。だったらこれだけやってみてよ。 ●英語の勉強が続かない人へ。コレだけ知ってほしい4つのマインド ●室伏さんの理論がTOEICの勉強でも参考になる ==発音逃げずにやろうよ。それだけでスコアがUP== ●逃げるが負け、言語は絶対に発音から逃げてはいけません(ア) ●逃げるが負け、言語は絶対に発音から逃げてはいけません(オ) ●発音の勉強にめっちゃ役に立つYoutubeサイト見つけました ======================== ♦TOEICなんて実践で使えないんでしょ。 ➡いいえ、そんな事は絶対にありません。 ➡TOEICで900点すら取れないのに実践で話せると思いますか? ➡英語の基礎力完成にはTOEICが一番効率的な勉強法です。 いえいえ、TOEICを馬鹿にするのはNGですよ 1. 将来海外でビジネスをしたい 2. 海外の大学に留学してグローバル環境で勉強したい 3. ドバイの高級ホテルで優雅にハイティミーティング 4.世界中を旅していろんなやつと友達になりたい 5. 好きな映画を字幕なしで楽しみたい 6. ネイティブの超速英語に余裕で対応したい 7. 国際機関で働いてみたい 上記願望実現のためにはTOEICの勉強が一番の基礎になります。 ♦そもそもTOEICとは? (1)世界共通言語である英語能力試験評価 (2)10点から990点のスコア評価 (3)英語コミュニケーション能力を測る世界共通テスト ➡詳細はこちら(TOEICとは) ♦なぜTOEICなのか? 【使える】英語を習得するための基礎力が身に付くようになっている  TOEICで900点取ったからと言って必ず外国人とぺらぺらコミュニケーションが取れる訳ではありません。(まずはこの事実をしっかりと受け止めましょう)  TOEIC900点を取得できるレベルになって初めて【使える】英語力(日本語で言える事を10とすると英語で9以上話す事ができる力)の勉強がスタートするのです。 TOEICを【正しい勉強法】(ここがポイント!)で実践する  TOEICはリスニングとリーディングにわかれています。リスニングでは発音をはじめにしっかり勉強しないといつまでたっても900点にたどり着けないようになっています。リーディングでは非常に多くの単語を覚えかつ語彙の使い方をしっかり理解しないとこれまた900点にたどり着けないようになっているのです。  正しい勉強法で900点を突破したとき(もちろん並大抵の努力では実現しません。)すでに真の英語力を習得するためのモチベーションが完成しているのです。毎日英語の勉強をしないとなんか気持ち悪い、単語はカタカナで覚えるのは意味がない、ちゃんと子音の発音方法も覚えないと気持ち悪い。こんな状態になればもうこっちのもんです。 TOEICは世界共通の試験です。  TOEICは世界共通の試験です。世界で約700万人が年間で受験しているそうです。世界中から受験者がいるからそれなりの試験を提供してあげないと信頼を得る事ができません。多くの人が勘違いしてるのですがTOEICはとてもよく考えられている試験でしっかりと勉強をして(マークシートの勘でなく!!)900点を突破すればそれなりの力がつくように設計されている事を理解するべきです。多くの方がただ900点をとるためだけにテクニックやらを覚えて一喜一憂しているのです。もちろんこれでは英語なんていつまでたっても話せるようになりません。 ♦TOEICの効率的勉強法を知ろう TOEIC600点を目指す人と900点を目指す人は勉強方法が違う。  900点を突破するためにいきなり900点を突破する方法が記載されている参考書を買ってもまず突破する事は難しいです。まずは600点からはじめましょう。600点には600点の勉強法、730点には730点突破の勉強法があるのです。登山のように地道に一歩一歩頂点に向かって歩いていくことが結局最短の900点突破の方法なのです。その一歩一歩が、本当の目的であるべき【使える】英語の勉強をするときに必要な土台となってくれるでしょう。 目標得点ごとに効率的に勉強する方法を把握する。  詳細は別ベージで述べますがTOEICで900点を取るためにまずは自分の力を把握し何点を最初のターゲットにするかを決めましょう。その得点ごとに苦労する壁というものがあります。例えば820点を突破できないほとんどの人が単語を正しく発音できていないのです。コミュニケーションするには発音が正しくない事は致命傷にも関わらずとにかく単語の意味を語呂合わせで覚えていたりするものです。使える英語を身につけたければそういったテストのための勉強はなるべくさけるようにしましょう。 ➡TOEIC得点別勉強法はこちら ♦TOEICで900点を突破したくないですか? =========================================== TOEIC470点から900点越えるには正しい勉強法が 必要不可欠です。それを知らなければ一生900点を 突破できないといっても過言ではありません。 各スコアごとにある壁をきっちり壊していく勉強法を しませんか。 もう、毎年新しいTOEICの参考書を買っては本棚で 冬眠させるのはやめましょう。 今なら以下のリンクから無料でTOEICで900点を 突破するための・・・

サブコンテンツ

メインメニュー

そもそもTOEICとは

TOEIC得点別勉強法

 ・600点入門

 ・730点で中級者仲間入り

 ・820点海外実践レベルへ

 ・860点で上級者への道

 ・900点でさらなる極みへ

 ・990点への挑戦

必要な勉強時間は

最も効率的な勉強の順番

参考書Forestの効率的な使い方

Youtubeおすすめ勉強サイト

リテリング勉強法

TOEIC初心者の3つの心得

スコアアップ!この教材

ダーウィンの進化論で英語の勉強ですね

室伏さんのトレーニングを参考!

1冊でも参考書をやりきれます?

●TOEIC得点別勉強実践編

1ヶ月でTOEIC600点

730点を目指すなら逃げずに発音月間をもうける

3ヶ月でTOEIC800点

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(1ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(2ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(3ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(4〜6ヶ月目)

●TOEIC分野別勉強実践編

エビングハウス忘却線を把握してTOEIC英単語を覚えるべし!

英語の勉強は毎日、2週間がキーワード

リスニング強化に音読って本当に意味あると思ってます?

単語を覚えられない人。これだけやってください。

●TOEICパート別勉強実践編

TOEICPart1対策これだけは知っておこう。

TOEICPart1.2で正しい勉強法を知る

TOEICPart2はリエゾンで圧勝する

TOEICPart3.4を正しく克服する勉強法を知る

TOEIC part5は問題数をこなして正しく勉強する

TOEIC part6は地味だが満点取れない難関パート

TOEIC part7の正しい勉強法が他のパートの正答率を劇的にあげる

●TOEIC発音から逃げるな

発音を逃げずにやろうよ(ア)

発音を逃げずにやろうよ(オ)

発音に役立つ厳選Youtube

無料Youtube勉強サイト!

無料Youtube勉強サイト!

最初に勉強すべきは絶対に発音です。ここから逃げていませんか??

発音できない単語は聞き取れない

他のサイトもご参考に!!

このページの先頭へ