「TOEICの壁」タグの記事一覧

【TOEICの壁】860点#2  文法、文法、文法!!文法問題を完璧にこなす

文法、文法、文法!これでもかと文法問題を解きまくる!   TOEICで860点を突破するために文法問題を確実に解く力をつけましょう。最低でも90%は正解できるようにしたいところです。【TOEICの壁】860点#1  量をこなしても超えられないでご紹介しましたように本番で90%の正答率を実現するにはなんとなくこれかなと思って正解したものをほったらかしにせずになぜ正解になったのか他の選択肢はなぜ不正解なのかひとつひとつなぜなぜなぜ分析をする事が効率的な勉強方法です。   TOEICで800点を突破するとだいぶ英語ができるようになったと思うようになります。自信がついてきて、回りと比べても英語ができるほうになり、場合によっては海外出張をまかされるかもしれません。   しかし860点を突破する、英語で自分の言いたい事を半分くらいは言えるようするなら英語が俺はできるほうだというこのプライドが邪魔してきます。(800点程度だとおそらく日本語で言いたい事の3割くらいしか言えないと思います。)   なんとなく正解したものをできたと勝手に思い込んで次の問題に行く。こういう勉強方法はいつまでたっても860点を突破することはできないでしょう。ビジネスで細かい商談だったり、ネゴシエーションをネイティブとすることなんていつまでたっても出来ません。   文法問題を読んで全ての選択肢に対してこれは自動詞だから後ろに前置詞が必要だから不正解。これは●●だから正解と一つ一つ丁寧に解く事をしてください。   オススメの参考書は文法特急です。とにかく何度も何度も解いて解説を熟読してください。納得できない解説は他の参考書やインターネットで調べてとことん理解を深めてください。   全問正解できるようになったら最後に全ての問題を一気に解きましょう。できれば30分くらいを目安にやってください。これくらい勉強すれば文法はほとんどの問題を正解することができます。   リーディングは最近は読まなければならない英文が長くなってきておりなりなかなか全ての問題を確実に運でなく正解するのは難しいくなってきているのでまずは文法をしっかり実施してください。   ちなみに、私の経験からするとTOEICで深く勉強して身につけた文法知識は仕事でとても役に立ちます。メールを書くとき、インターネットで参考文献を読む時もTOEICで勉強した文法やイディオムが出てきたって思う事がよくあります。   よくTOEICの点数が取れても英語の力は別ものと言う人がいます。それは間違いです。TOEICの勉強をこのサイトで書いてあるように実施すれば確実に英語で書いたりコミュニケーションしたりする基礎が身に付きます。回りの声に惑わされずに毎日、地道にTOEICの勉強をすること。これが効率的な勉強法だと信じています。 管理人がいつもこのブログで書いている真の英語力(詳細はこちら)を身につけるためにしっかりとTOEICを利用して(スコアをアップさせる事が目標でなくもっと将来の自分のやりたいことを達成するための手段ですね。)楽しく勉強していきましょう。   =========================================== TOEIC470点から900点越え! 各スコアごとにある壁をきっちり壊していく勉強法! もう、毎年新しいTOEICの参考書を買っては本棚で 冬眠させるのはやめましょう。 今なら以下のリンクから無料でTOEICで900点を 突破するための勉強法及びマインドアップビデオを ご提供します。英語を活かした人生を楽しみましょう。 http://makenippon.com/netpro/form/r_senryaku/ ===========================================

【TOEICの壁】820点#2  単語をイメージで覚えて柔軟に英文を読む事ができるようにしよう。

TOEIC820点突破のために単語をこれでもかと覚えよう   TOEIC820点を超えるのに単語の意味をたくさん覚えることは必須です。TOEICの試験で知らない単語がほとんどない状態にしないと820点を突破は難しいでしょう。 経験がある方もいると思うのですが問題文にわからない単語があるとたちまちその問題は難しく感じてしまうものです。知らない単語がほぼない状態になって純粋にリーディングや語彙、語法問題にチャレンジしやるくなる気がします。   1つの単語で複数の意味があるものはイメージで覚えよう 730点を突破して単語の勉強もしている人はもう一つ気をつけて勉強してほしいことがあります。それは一つの単語にいろいろな意味があるということです。なまら当たり前っしょ!! そうなんですが。例えば。。Run 「走る」ですね。 「逃げる」ですね。へぇ〜 「流れる」ですね。ほぉぉ。 「立候補する」ですね。へっ?そうなの! 「経営する」ですね。 。。。 「落ちる」ですね。???。   こんなに意味があるのを満員電車のなかでぶつぶついって覚えるのも正直げんなりです。覚えられるかっちゅうのって感じですよね。全ての単語に当てはまるとは管理人は思いませんがTOEICで出てくる単語はイメージで覚えると文章を読んでいる時に柔軟に単語の意味を推測することができるようになります。例えばRunですが   イメージは:【流れる】 ・走るのも逃げるのもある場所からぴゅーっと流れて違う場所にいく。【走る、逃げる】 ・経営するは中期計画を立て、仮説を実際に試してみて試行錯誤して将来より良い売上、利益を達成するように 時を進んでいく。【経営する】   こんな感じですね。大切なのは上の例のように自分で考える事です。答えはありません。自分なりに考える事で単語の意味をしっかり脳に定着するのです。例は何だっていいのです。   とはいえ、一つ一つ自分で考えるのは大変なのでこういうイメージを効率よく勉強できるようにまとめた「英単語イメージハンドブック」というのがあります。興味がある人は参考にしてください。     一つの単語に意味を一つのイメージで覚える事でTOEICリーディングセクションで英文を読むことがだいぶ楽になります。この単語の意味をしっているのに訳がうまくできない方はぜひ単語をイメージで覚える事で柔軟に対応できる力をつける事をおすすめします。後々、英会話でもこの単語をイメージで覚えるというのは相手にわかりやすく言いたい事を伝えるのに役立ちますので一石二鳥ですよ。   =========================================== TOEIC470点から900点越え! 各スコアごとにある壁をきっちり 壊していく勉強法! もう、毎年新しいTOEICの参考書を 買っては本棚で冬眠するのは やめましょう。 今なら以下のリンクから無料で TOEICで900点を突破するための 勉強法及びマインドアップビデオを ご提供します。 英語を活かした人生を楽しみましょう。 http://makenippon.com/netpro/form/r_senryaku/ ===========================================

【TOEICの壁】820点#1 英語の発音をしっかり学んで長期記憶へ刷り込もう

TOEIC820点突破には英単語を長期記憶にすりこみましょう。 TOEICで730点を超えた人が次に目指すべきは820点だと思います。TOEICで730点を超えているのでそれなりに英語の基礎知識はついてきているはずです。海外出張で現地の人とミーティングを開けば自分の専門分野であればジェスチャーを交えればそれなりに目標を達成できるのではないでしょうか。 そんな人たちでも820点はなかなか超える事が出来ません。なぜ820点を超えられないのか。大きな壁として全ての問題を解く時間がないようです。   このような人は次の事を意識してください。毎日継続して長期記憶につくることが重要です。長期記憶という言葉を耳にした方もいるかと思いますが、単語を聞いて瞬時にというか無意識に意味が頭に浮かんでくる状態です。 Dog、犬!! (これが長期記憶ですね。) ligament、????(これが長期記憶になっていない状態) ligament、靭帯!(管理人は長期記憶になっています。だって海外で靭帯損傷して外国で手術したので笑!)   長期記憶に刷り込むには発音をしっかり学ぶ事がなによりも重要です。 一つおすすめというか管理人が気づいた事があります。語呂合わせで英語を覚えるとかカタカナ表記で英語を覚えるとかこういう事をせずにしっかりと単語の発音を聞いてその音と日本語の意味を直接結びつけるようにしてください。 語呂合わせは覚えやすいので確かに効率的な暗記方法だと思うのですが将来英語を実践で使おうと思っている方は自分の口で何度も何度も発音しながら意味を覚えてください。そうしてできた長期記憶は本当に実践で使える英語になっています。視覚と聴覚を刺激するので効率的に覚える事ができるとも言われています。    正しい発音を聞いてた正しく口に出すこれを徹底的にやる事です。これは英語の勉強の大原則だと思います。TOEICで高得点とるのも外国で英語でビジネスするのも正しい発音で口に出すということを怠った人は確実に目標達成まで遠回りしています。しつこいようですが発音から逃げてしまう日本人が本当に多いですがここから逃げてしまってはTOEIC820点突破もなかなか難しいです。発音の重要性はこちらからどうぞ。   でもできないんです。。続かないんです。。そんなのわかってるけどできないんですよね。管理人も偉そうなことを言ってますが全然口に出すという事を毎日続ける事は出来ませんでした。満員電車に乗って帰ってきたら疲れてお風呂に入りテレビを見て寝るだけ。たまにやるけど毎日は続かない。   ではどのようにしたらできるのでしょうか。簡単にできる方法はあるのでしょうか。残念ながらそんな方法はありまえせん。英語がぺらぺらになった人は皆、苦労して地道に努力してここを乗り越えたのです。でもここを乗り越えると本当に面白いほど英語が楽しくなって上達します。   長い人生ですから発音に6ヶ月ほど死ぬ気で勉強してみませんか。そこを突破すれば必ず壁を乗り越えたという感覚がわかるはずです。うまく説明できないのですが本当にこの6ヶ月を発音に注力するかしないかで英語ができるできないが決定するといっても過言でありません。   発音の勉強を体系的に学ぶ事ができるのが遠藤先生が開発した遠藤先生監修30日間英会話速習プログラムだと思います。遠藤先生は発音に関しては個人的には日本人で一番の有識者だと思います。   もし教材を探している方がいたら参考に見てみてください。30日と言ってますが最低6ヶ月続けてください。30日はさすがに発音をマスターするのは難しいと思います。6ヶ月地道にやれば必ず英語が上達する基礎体力をつける事ができます。発音をきっちりやることで実はリスニング力もリーディング力も自然と効率的に勉強できるようになるので気づいたらTOEIC820点を突破できる力を身につけていると思います。   まとめです。TOEIC820点を突破するためには全ての問題を時間内に解く事ができる力が必要です。そのためには正しい発音で口に出しながら単語の意味を長期記憶に刷り込む事です。するとリスニングでは正しい発音を勉強しているのでしっかり聞く事ができるようになります。リーディングでは長期記憶に刷り込まれた単語が増えた事によって圧倒的に読むスピードがつきます。今一度発音の勉強をしていない人は頑張ってやってみましょう。 次へ➡【TOEICの壁】820点#2  単語をイメージで覚えて柔軟に英文を読む事ができるようにしよう。  

サブコンテンツ

メインメニュー

そもそもTOEICとは

TOEIC得点別勉強法

 ・600点入門

 ・730点で中級者仲間入り

 ・820点海外実践レベルへ

 ・860点で上級者への道

 ・900点でさらなる極みへ

 ・990点への挑戦

必要な勉強時間は

最も効率的な勉強の順番

参考書Forestの効率的な使い方

Youtubeおすすめ勉強サイト

リテリング勉強法

TOEIC初心者の3つの心得

スコアアップ!この教材

ダーウィンの進化論で英語の勉強ですね

室伏さんのトレーニングを参考!

1冊でも参考書をやりきれます?

●TOEIC得点別勉強実践編

1ヶ月でTOEIC600点

730点を目指すなら逃げずに発音月間をもうける

3ヶ月でTOEIC800点

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(1ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(2ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(3ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(4〜6ヶ月目)

●TOEIC分野別勉強実践編

エビングハウス忘却線を把握してTOEIC英単語を覚えるべし!

英語の勉強は毎日、2週間がキーワード

リスニング強化に音読って本当に意味あると思ってます?

単語を覚えられない人。これだけやってください。

●TOEICパート別勉強実践編

TOEICPart1対策これだけは知っておこう。

TOEICPart1.2で正しい勉強法を知る

TOEICPart2はリエゾンで圧勝する

TOEICPart3.4を正しく克服する勉強法を知る

TOEIC part5は問題数をこなして正しく勉強する

TOEIC part6は地味だが満点取れない難関パート

TOEIC part7の正しい勉強法が他のパートの正答率を劇的にあげる

●TOEIC発音から逃げるな

発音を逃げずにやろうよ(ア)

発音を逃げずにやろうよ(オ)

発音に役立つ厳選Youtube

無料Youtube勉強サイト!

無料Youtube勉強サイト!

最初に勉強すべきは絶対に発音です。ここから逃げていませんか??

発音できない単語は聞き取れない

他のサイトもご参考に!!

このページの先頭へ