「発音」タグの記事一覧

発音を逃げずにやろうよ。逃げるが負け、言語は絶対に発音から逃げてはいけません(ア)

偉そうな事をいってすみません。それでも苦い経験を思い出すととにかく発音の勉強をしましょうと切に訴えたいです。TOEICで高得点取りたかったら絶対にマスターすべき発音です。 テクニックを覚えて高得点を取るのも否定しませんがそんなテクニックなしでリスニングで満点取るならまず発音です。 「あ」、「あ」、「あ」、むかつく、いらいら「あ」の発音を克服する。 英語の勉強をした事がある皆さんが一度は聞いた事がある 英語には「あ」の発音も何種類もあるんだよ。。。 ここで試合終了する人が多く、英語嫌いの最強ツートップのうちの1人が生まれてしまいます。 発音の勉強は本当にイラつくし効果が分りづらいからやりたくありません。ということを今一度認識した皆さんはもう大丈夫。腹をくくってこれが最後!と思って勉強することをおすすめします。 ここを頑張って乗り切ると間違いなく英語が聞き取れるようになりますし、リーディング力も効率的にアップします。逃げずに粘り強く頑張りましょう。 発音1:ʌ Aの横棒がないやつです。とんがって感じのツンデレかと思いきやだらだらやる気のない感じのやつです。 口をダラーッとして「ウ」の形でのど当たりで「ア」と言いましょう。 発音2:ӕ  aとeがべったりくっついちゃいました。そうなんです。。 ちょっと大げさかなと思うくらい大きめに「ア」の形をして「エ」と言いましょう。 発音3:ɑ 小文字のaみたいなやつです。ちょっと見方を変えて[o]に毛が生えたやつということにしましょう。 「オ」の形で「オ」と言う際にほんの少しの気持ちだけ「ア」を混ぜ込んであげましょう。 発音4:ə  もうなんだこいつはという感じです。それでも優しいまなざしで見てあげるとeを逆にしたやる気がないやつ。 「エ」の形でものすごくやる気なく「ア」と言って上げましょう。   ひたすら比べて音を聞くべし。 後はまずは実際の単語で音を比較しながらひたすら聞いてください。だんだん違いが分ってくると思うので他の単語もどの「ア」で発音しているのか見てみるとよいと思います。 発音1:ʌ やるきがなく: sun   発音2:ӕ やるきまんまん:map   発音3:ɑ オに毛がはえたよ:hot   発音4:ə エがひねくれ者になりました:attack 毎日、毎日、何度も何度も聞いて覚えていきましょう。 発音「オ」についてはこちらを参考にしてみてください。発音を逃げずにやろうよ。逃げるが負け、言語は絶対に発音から逃げてはいけません(オ) 一気に3ヶ月でマスターするなら間違いなく遠藤先生の超高速英会話メソッド 管理人のサイトでゆっくり音声を聞きながら発音をマスターしても十分効果があると思います。 宣伝かと思ってしまうかもしれませんが、3ヶ月程度でさっさと発音をマスターしたい方がいれば管理人が実際に使って勉強した超高速英会話習得法が絶対的におすすめです. 遠藤先生ほど発音の重要性を理解されて日本人でも確実にマスターできるメソッドを確立した方はいないと思います。決して楽ではないですが3ヶ月根性出してやりきればネイティブ並みの発音が身に付きます。 管理人が10年くらい苦労した英語の勉強の日々は何だったのかと思いました。大げさでも何でもなく発音の勉強からずっと逃げていたからです。同じような経験がある方にはぜひおすすめしたいです。

TOEIC730点を目指すなら最初から800点を目指すべきだけどどうしても730をめざしたい方へ

TOEICで730点は自然にとるべきもの。800点を目指す仮定で気づいたら730点を超えていた状態にする。 前回1ヶ月でTOEIC600点を取る方法をご説明しました。単語、単語、単語をひたすら勉強する方法でしたね。(初心者でも大丈夫。1ヶ月でTOEIC600点を取る方法を考えてみました。) 次は会社の昇格用件や就職試験の時に有利となりやすい730点を目指そう!と思いたいのですがここは思いきって800点を目指すようにしてください。 理由は2つ。1つ目は800点を超えると回りからおっっすごいね!と一目置かれてなにかしら便利。2つ目は730点を目指す勉強法の多くが文法や語彙力を中心に勉強させるスタンス。この勉強法は効率が悪いです。800点を取った後からじっくりじっくり勉強する方がTOEICのスコアアップという観点からは効率的だからです。 それでも730点を目指す人は発音の勉強のみをする。 初心者でも大丈夫。1ヶ月でTOEIC600点を取る方法を考えてみました。の勉強法を実践していただいた方で730点をどうしても次は目指す必要がある人は徹底的に発音を勉強する事をお勧めします。 リーディングセクションで400点をとる730点を目指すのでなくリスニングで400点を取得してリーディングセクションは330点くらいを目指します。 理由はこちらも2つ リスニングの方が簡単に400点を取れる 発音の勉強をしておくと後で劇的に英語の力がつく。(ここは本当に重要なポイントです) 意外に思うかも知れませんがリスニングの方が少ない勉強時間でスコアがあがります。採点方式もリスニングはある程度の問題が不正解でも450〜495点を獲得できるような方式です。一方、リーディングセクションは2〜3問間違えるだけでも場合によってはスコアがぐんっと下がってしまうのです。 発音の勉強は本当に大事です。管理人は発音の勉強をおろそかにして単語の勉強や夢のような題名のTOEICの参考書を買っては勉強してず〜〜〜っと600〜700点台をうろちょろしていました。TOEICの講師の方や予備校の有名講師の方の一部の方もおっしゃっていますが発音できない単語は聞き取れないという大原則があります。 また、発音をしっかり勉強すると結果的にリーディングの強化にもつながります。詳細は別記事にゆだねますが正しい発音で音読するとリズムが良いので頭の中にイメージとして単語や文章が残り、長期記憶になるまでの時間が正しくない発音(カタカナ英語など)での音読に比べると短時間ですむのです。 730点を取るなら発音勉強を1ヶ月みっちりやりましょう。 発音の勉強は発音記号から。音読にはDUO3.0を使おう。 発音の勉強方法はとてもシンプルです。労力はそれなりではありますが。。 発音記号をしっかり覚える Duoの540の例文を発音記号をしっかり意識して音読する。 これだけです。 発音記号を覚えるって簡単に言いますがここで多くの方が散ってしまいますよね。。 管理人のおすすめは以下の2つを1ヶ月やり続けることです。 1英語耳のCDを聞き、真似してみる。 ポイントは神経質にならない。こんな感じかなで十分です。何度も何度も勉強しているうちにだんだん細かい違いは分ってくるものですから今は大胆かついい意味で適当に真似してみてください。 英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる2010/8/12 松澤喜好 2Youtubeで発音の勉強ができるサイトを利用する Youtubeには本当に便利な教材がたくさんあります。私のおすすめをいくつかご紹介します。このサイトも毎日1ヶ月間聞き続けるとと始めはよくわからなかった発音が1ヶ月後には不思議と全部とはいきませんがかなり分ってくると思います。このレベルで十分リスニングセクションは対応できると思いますので頑張って毎日少しずつ耳を訓練しましょう。 【おすすめサイト】 1発音と発音記号(全てのシリーズを聞いてとにかく真似してください。1回5分程度でそんなに負荷になりません。) 2英語発音専門ドクターDイングリッシュ(英語声シリーズを聞いてとにかく真似しましょう。これも1回3〜5分と短いです。) 1ヶ月発音をみっちりやったらDuo3.0の540の例文を発音記号をしっかり確認しながらゆっくりゆっくり声に出して30回音読してください。 文章では簡単に見えますが非常に大変な作業です。それでも毎日少しつづでも継続することで1ヶ月間、耳と口を使って脳に発音の基礎をしみ込ませることをしないといつまでたっても英語の力はつきません。そして停滞期に入って英語の勉強がつまならくなりあきらめるという悪循環に陥ってしまいます。 ここは覚悟を決めて発音の勉強をしましょう。必ず楽しくなる瞬間がやってきますから。

絶対に間違えてはいけない英語の勉強する順番!文法、単語だけ覚えるなんて無駄のなかの無駄!!

今すぐやめよう英文法、英単語を覚える勉強を!  外資系企業で英語を駆使してビジネスをしてみたい、UCLAに留学して異文化の人たちと一緒に勉強してみたい、ハーバード大学でMBAを取得したい。。そのために英語が必要なのは言うまでもありませんが必死で英文法の参考書を購入して仮定法過去は「If + 主語 + 動詞の過去形・・・, 主語 + would(should、could、mightなど)+ 動詞の原形」だぜ。覚えたぜ!と頑張っている人が多いのではないでしょうか。  覚える事はダメだとは管理人は思いませんが英語を本当に使えるように(コミュニケーションができるように)したいと思ってこのような勉強をしているのであれば誤解をおそれず言います。絶対に効率の悪い方法です。  絶対に覚えるべき英単語2500みたいな参考書を買って必死に単語を覚えている人たちも多いです。これもダメとはいいませんがやはり効率の悪い方法です。皆さんが2〜3歳の時に英語を勉強するのであればこの作業はとても重要です。(詳しくは後述しますが彼らは文字を読めないので音のみで学習するからです。) 発音できない単語をどうやって聞き取るの?  皆さんにぜひ理解していただきたい事があります。それは発音できない単語は聞き取れないという事です。少し冷静になって考えてみると当たり前ですよね。もしアメリカで産声を上げたある若者が忍者に憧れ、忍者になりたいと切に想い必死で日本語の勉強をして覚えた日本語が「かてなは日本かてなにかたるものはなす」と言ってきたらどうでしょうか。  ぎりぎりわかるかも知れませんが「刀は日本刀に勝るものなし」という意味なんでしょうが私が正しい発音で「刀は日本刀にまさるものはないよね」といってもこのアメリカ人には???なのです。だってかてなは日本かてなにかたるものはなす」と覚えているからですね。  これと同じで日本人が英語を学ぶ時によくあるのがカタカナで英単語を覚える方法です。これはかなりの確立でネイティブに通じないです。例えば「important」を「インポータント」といっても通じない時が多いです。むりやりカタカナで書くなら「インポートゥン」という感じです。日本人は子音だけの発音が苦手でこれをしっかり理解しないといつまでたっても英語を使えるようにならないのです。 最も効率的な勉強フローを理解しよう!  最近は発音の重要性を伝える参考書も少しづつ出てきてはいますがやはり少ないです。日本人は声に出すいわゆるアウトプット勉強法が苦手(嫌いな)民族なのです。それよりもひたすら単語を覚える、英文法の構文を覚える方が得意なのです。これはおそらく日本の強みであるものづくりではとても重要な能力であるのではと思いますがこと言語に関してはちょっとやっかいな性格です。  言語は発音が全てと言っても過言ではありません。発音しない言語はないのです。発音を学ばないで言語の勉強をするというのは最も非効率的だといえます。最初に勉強すべきは発音です。確かに難しいところはありますがしっかりと母音と子音の発音をマスターすれば後は一気に英語の力がつきます。  発音が出来るようになると英単語の参考書を買って暗記する時も発音できない状態より圧倒的に早く覚える事ができます。単語がたくさん覚えるようになるとリーディングに強くなります。知らない単語が少なくなるので英語の文章を読む事に抵抗がなくなることも理由の一つですが発音ができるようになると実は黙読するスピードが上がるのです。  TOEICのリーディングは発音の勉強をすることで一気に点数があがるのです。本当に発音は英語の勉強をする上で始めに勉強すべきです。センター試験で200点、TOEICで900点突破するための超効率的な勉強方法です。  最後に本当に効率的な英語やTOEICの勉強法をおさらいしておきましょう。   発音を覚える(母音と子音)➡たくさん声に出して英文を読む➡英単語や基本的英文法を覚える➡たくさんの英文を出来る限り読む  これを2〜3年かけてじっくりやれば真の使える英語が身につける事ができますよ。  上記を効率的に勉強できるおすすめの教材があります。興味のある方は参考に覗いてみてください。  海外経験ゼロでアメリカ現地法人の社長になった遠藤先生の発音勉強法  Yuki式英会話(発音と英語のリズム把握してネイティブに通じる英語力を)   =============================================== もう参考書を毎年買いかえるのはやめませんか。 むやみな多読、多聴は時間の無駄 6ヶ月で飛躍的な英語力をつけるための基礎を確実に習得しましょう。 今なら無料でマインドアップのためのビデオを提供します. まずは下記サイトをご覧ください. ===============================================

英語の能力上げるのに絶対必要かつ最初にすべきこと

英語の能力を向上させたい TOEICで高得点をゲットしたい という方は世の中に大勢いると思います. では何をすれば良いのかを ネットの口コミとかで調べてみても いろいろなことが書いていて 参考になりません。 しかしながら、TOEICで900点以上を 獲得している方、海外でばりばりに ビジネスしている方に伺うと 多くの方が以下のようにおっしゃります。   一番始めに発音をマスターすること   これを行わないとどんなに英語の勉強したって 本物の英語、つまりコミュニケーションできる 英語力はつかないといっています。 発音を覚えるのは本当に大変ですが ここさえしっかりマスターすれば 後はどんな参考書でもそれなりに英語力は 向上するということをみんなおっしゃっています. 最近、TOEICの点数を短期間でとることができる と大人気のTOEIC戦略論 Ver2.3 ➡http://makenippon.com/senryaku/ もまさに同じことをとても重要視しています。 けっして楽ではないですが発音をマスターすること これが語学力向上のキーポイントです。 ぜひこれから勉強する方は何にもまして 発音を最優先して勉強してください。 最短で効果がでる勉強方法です.

TOEICの勉強をするならまず英語と日本語の音域の違いを理解しよう

管理人が考えるTOEICで効率的に スコアアップを図る方法を共有してみたいと思います。   第一ステップとして重要なのは日本語にない音域を 聞くことができるようにすることです。 人間の耳って不思議で小さい頃に聞いた音域は 絶対に忘れないんですね。   逆に言うと聞いた事のない音域は大人になって 聞き取れるようになるという事はよっぽどの 訓練がない限り起こりえません。   日本語と英語の音域を比べてみると一部 日本語にはない音域が英語には存在するのです。   この音域がある事をきちんと理解した上で その音域に慣れていく訓練を始めにすると リスニングだけでなくリーディングにも 後々、じわ〜っと効果が出てくるものです。     これが最初にできれば後のステップで紹介する勉強が ぐっと効率的になりTOEICのリスニングの点がぐっと あがること間違いなしです。     もしお金をかけて効率的にこの音域を聞き取れるように なるならリスニングパワーをお勧めします。   お金をかけるのはちょっとなーって人は Youtubeで勉強するなら絶対コレ!厳選4チャンネル これをひたすら聞きまくってください。 聞くときはなるべく口に出して口の形も真似るようにしましょう。 だいたいでいいですからね。口の形は楕円形をしながら舌は歯の隙間から ぷっと息を。。。つかれちゃいますから。   まずはとにかくこれを1ヶ月毎日聞くこと。 その後、1週間に2、3回復習程度に聞くこと 2ヶ月間。     英語の勉強は継続が全てです。 とにかく毎日少しづつ頑張りましょう。 時にはだるくてやる気がないときはただ聞き流すのでも よいのです。ダメという人もいますが一番 優先すべきは毎日続ける事ですから。   まずは音域になれて次は発音の重要性をしってください。              

サブコンテンツ

メインメニュー

そもそもTOEICとは

TOEIC得点別勉強法

 ・600点入門

 ・730点で中級者仲間入り

 ・820点海外実践レベルへ

 ・860点で上級者への道

 ・900点でさらなる極みへ

 ・990点への挑戦

必要な勉強時間は

最も効率的な勉強の順番

参考書Forestの効率的な使い方

Youtubeおすすめ勉強サイト

リテリング勉強法

TOEIC初心者の3つの心得

スコアアップ!この教材

ダーウィンの進化論で英語の勉強ですね

室伏さんのトレーニングを参考!

1冊でも参考書をやりきれます?

●TOEIC得点別勉強実践編

1ヶ月でTOEIC600点

730点を目指すなら逃げずに発音月間をもうける

3ヶ月でTOEIC800点

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(1ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(2ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(3ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(4〜6ヶ月目)

●TOEIC分野別勉強実践編

エビングハウス忘却線を把握してTOEIC英単語を覚えるべし!

英語の勉強は毎日、2週間がキーワード

リスニング強化に音読って本当に意味あると思ってます?

単語を覚えられない人。これだけやってください。

●TOEICパート別勉強実践編

TOEICPart1対策これだけは知っておこう。

TOEICPart1.2で正しい勉強法を知る

TOEICPart2はリエゾンで圧勝する

TOEICPart3.4を正しく克服する勉強法を知る

TOEIC part5は問題数をこなして正しく勉強する

TOEIC part6は地味だが満点取れない難関パート

TOEIC part7の正しい勉強法が他のパートの正答率を劇的にあげる

●TOEIC発音から逃げるな

発音を逃げずにやろうよ(ア)

発音を逃げずにやろうよ(オ)

発音に役立つ厳選Youtube

無料Youtube勉強サイト!

無料Youtube勉強サイト!

最初に勉強すべきは絶対に発音です。ここから逃げていませんか??

発音できない単語は聞き取れない

他のサイトもご参考に!!

このページの先頭へ