厳選!英語勉強教材

KYOZAI

  1. 管理人がいつも口を酸っぱくしていっているのが【目的なくして英語教材を買うな】です。多くの人が英語が話せた方がいいからとりあえず勉強しようとかとりあえずTOEIC600点くらい取りたいから勉強しようといった曖昧な方が多いです。そのような人は気づいたら買った参考書を本棚にしまい半年後にまた夢のようなタイトルの本を心機一転頑張るぞ!と購入してまた本棚に冬眠させているのです。
  2. このような方は実は英語の勉強時間はけっこうなものになるはずです。ただ、最初の基礎固めのところで挫折してやめてしまうのでせっかく上り始めた山の3合目で休憩して気づいたら下山してしまっているのです。それだけ英語は途中で休むと効果が現れないのです。この基礎固め(5合目)に行くまではつらい道のりではあるのですが5合目をいったん超えると指数関数的に英語の力がつくという事を知りましょう。

 

●5合目を突破できない人の多くが

  • 発音の勉強をきちんとしていない
  • 最低限把握すべき文法と語彙力が把握できていない。

【発音の勉強をきちんとしていない】

使える英語の基礎力を習得するには上記の2項目をやるだけです。やるだけといってももちろん簡単ではありません。6ヶ月〜1年間は毎日勉強すべきです。発音なんて数日間一気にやったって継続しなければ3日後にはほとんど忘れています。犬を見て何も考えずにdogと言えるのと同じように全ての発音方法を頭に入れこむ必要があります。重要な格言があるのでご紹介します。

kYOZAI_2

 

 当たり前ですよね??日本語で「あ、い、う、え、お」が発音できないのにどうやって「あお」を聞き取る事ができるのでしょうか。人間は不思議な生き物で超えに出して世界中に存在するものを覚えていくのです。赤ちゃんがいい例ですが大人も同じです。声に出していないかもしれませんが(声に出すのが実はものすごく重要なのですが)頭の中で反芻して単語を覚えようとしているのです。blueをカタカナで「ブルエ」「ブルエ」と覚えていたら一生「ブルー」と言われても青という意味だとはわからないのです。逆に考えると一旦正しい発音方法を身につけて単語を超えに出して覚えると驚くほどにリスニング力が身に付くのです。

 

 リスニング力がだんだんついてくると聞いた内容を声に出すのが楽しくなってきます。こうなったら後は時間の問題です。いつのまにかスピーキング能力が向上しさらにはモチベーションのアップとともに簡単な英語の本にも興味を持って読み始めます。リーディングの基礎力の完成ですね。人間は面白いもので興味を持って楽しいなと感じた瞬間から劇的に集中力が増して効率的に物事を把握する事ができるのです。

 しかしながら発音の勉強をしっかりして使える英語の5合目までたどり着く前に下山してしまう人が圧倒的に多いです。一つは5合目を超えたら劇的に英語力が向上する事を知らないからモチベーションが続かないのです。皆さんはこのブログを読んでくれているので1つ目の関門は突破です。もう一つは発音をどうやって勉強したら良いのかです。発音の勉強法はいろいろな参考書がでていますが管理人が絶対的におすすめするのは【30日間英会話速習プログラム】です。

30日間でなんてほんとかよ!と思う方もいるので少し細くしておきます。30日間で英会話ができるようになることはまずありません。この教材を使っても無理だと思います。この教材でも述べていますが30日間で英会話の基礎の基礎が完成させることができます。(これが非常に大事です。)基礎の基礎が完成したら後はこのプログラムを6ヶ月続けてください。そうすれば発音とリスニングの基礎力(管理人の言う英語レベル3真の使える英語の定義参照)。自分の専門ビジネスなら海外でなんとかまわしていける力)が完成するでしょう。

この【30日間英会話速習プログラム】を監修した遠藤先生は海外暮らしを一度もすることなくファナックUSAの初代社長になった超強者です。戦時中に敵国のアメリカの言葉に興味を持ち独学で必死に英語を学んだ方です。戦時中ですから現代のように敵国の言葉の参考書なんてありません。耳から聞こえる音と書物で必死に勉強をしてネイティブと同等レベルの英語力を身につけた苦労人です。苦労人だからこそ遠藤先生の持論である発音はまずは完璧にする勉強理論は管理人はとても納得がいきお世話になりました。(決して楽ではありませんよ笑!)

【最低限把握すべき文法と語彙力が把握できていない】

英語に限らず言語は皆そうだと思いますが基礎をおろそかにした瞬間にどんなに勉強してもいつまでたっても中途半端な言語力しか身に付きません。(なんとなく海外駐在できているけど、ネイティブとは密に会話できない。海外の大学に留学しているのに英語に自信がなく気づいたら日本人で固まって歩いているなど。)何度も何度も言いますが基礎をきっちり習得すれば真の使える英語力は飛躍的に身に付くのです。発音だけでなく当然、文法や語彙にも最低限身につけるべき基礎レベルがありませす。これを発音と同時に勉強していく事でより効率的に真の使える英語の基礎力(レベル3、TOEIC900点レベル)に到達するでしょう。 TOEIC@TESTが60日で200点以上UPで700点突破です。

なんだ。。。このふざけたネーミングはと思ったかたもいるでしょう。勘違いしないでくださいね。管理人がこのページで始めに申し上げた【目的なくして英語教材を買うな】を思い出してください。この教材は真の使える英語力の基礎の文法と語彙力を習得するために使う教材です。ネイティブとぺらぺらコミュニケーションできるようになるために購入するのではありません。発音と文法と語彙力をしっかりと勉強して真の使える英語の基礎力を身につけて将来TOEICで990点を取得して、毎日数時間は英語の本を数年間読んで、暗唱をし続ける事でネイティブと同等レベルの真の使える英語を身につけるための最初の一歩だと認識して勉強をしてください。

TOEIC@TESTが60日で200点以上UPで700点突破ですがTOEICを【正しい勉強法】で行えば間違いなくTOEICという試験は英語の基礎力を身につけるのに最適な教材です。この教材もしっかり、みっちり6ヶ月やり続けてもう覚えちゃったよというくらいやってみてください。

 

 

サブコンテンツ

メインメニュー

そもそもTOEICとは

TOEIC得点別勉強法

 ・600点入門

 ・730点で中級者仲間入り

 ・820点海外実践レベルへ

 ・860点で上級者への道

 ・900点でさらなる極みへ

 ・990点への挑戦

必要な勉強時間は

最も効率的な勉強の順番

参考書Forestの効率的な使い方

Youtubeおすすめ勉強サイト

リテリング勉強法

TOEIC初心者の3つの心得

スコアアップ!この教材

ダーウィンの進化論で英語の勉強ですね

室伏さんのトレーニングを参考!

1冊でも参考書をやりきれます?

●TOEIC得点別勉強実践編

1ヶ月でTOEIC600点

730点を目指すなら逃げずに発音月間をもうける

3ヶ月でTOEIC800点

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(1ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(2ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(3ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(4〜6ヶ月目)

●TOEIC分野別勉強実践編

エビングハウス忘却線を把握してTOEIC英単語を覚えるべし!

英語の勉強は毎日、2週間がキーワード

リスニング強化に音読って本当に意味あると思ってます?

単語を覚えられない人。これだけやってください。

●TOEICパート別勉強実践編

TOEICPart1対策これだけは知っておこう。

TOEICPart1.2で正しい勉強法を知る

TOEICPart2はリエゾンで圧勝する

TOEICPart3.4を正しく克服する勉強法を知る

TOEIC part5は問題数をこなして正しく勉強する

TOEIC part6は地味だが満点取れない難関パート

TOEIC part7の正しい勉強法が他のパートの正答率を劇的にあげる

●TOEIC発音から逃げるな

発音を逃げずにやろうよ(ア)

発音を逃げずにやろうよ(オ)

発音に役立つ厳選Youtube

無料Youtube勉強サイト!

無料Youtube勉強サイト!

最初に勉強すべきは絶対に発音です。ここから逃げていませんか??

発音できない単語は聞き取れない

他のサイトもご参考に!!

このページの先頭へ