「真の使える英語勉強法」の記事一覧

WOMANオンライン英会話でTOEICの勉強をする

前回は月額定額で24時間受け放題というオンライン英会話の常識を変えたNative campについてご紹介しました。(オンライン英会話に新たな時代。話し放題、レッスン受け放題のNative campが現れた。どうする?) 今回はTOEICの勉強ができちゃうオンライン英会話のご紹介です。 講師がみんな女性!わーい。 いきなり本題から外れています。。それでも伝えたい事がある。。 講師がみんな女性だよ! 女性の方が会話しやすいという人もいるかと思います。それもそうなんですがこちらの講師はとてもレベルが高いです。 レベルが高いって発音がネイティブ並だとか教え方が上手でコミュニケーションをしっかり取ってくれるってのはもちろんななのですが、なんといっても TOEICの試験に詳しいのです。 TOEICの勉強をしながら英会話力も身につける事ができる。これは本当に将来英語を使って仕事をしたいとか、海外の大学に留学したいなどせっかく学んだ英語なんだから使えるようにしたいと言う方にはうってつけです。 在宅講師でないからしっかりしている。 管理人は最近、スカイプ中国語をはじめました。朝7時に起きて中国に住んでいる中国人とお話しするのです。こっちがピンインに苦しみながら必死で「ドンティエン・ダ・ティエンゼンマヤン」とかテキスト見ながら頑張っている時にふとスカイプの画面を見ると。。 めっちゃあくびしてコーヒーかなにかをずずずずって飲んでいるのです。 しかもパジャマで。。 なんか、やる気がなくなります。その点、WOMANオンライン英会話では在宅講師はいません。みんなオフィスにちゃんと出勤して所定の場所で待機しております。 プロのビジネスマンとしてしっかり準備してきちんとした身なりで対応してくれるのです。何でもそうですがサービス業は、その人の雰囲気や気持ちがいいものであればこっちも気分が良くなるものです。 女性講師によるきめ細やかなレッスンは授業を受けていてモチベーションの維持にもってこいですね。 今なら無料体験もできるます。大事なのは受けてみて気に入らなければやめること。 【WOMANオンライン】 無料体験は当たり前の時代ですからいろいろなオンライン英会話 を受けて気に入ったところを見つけるようにしたほうがいいですね。

オンライン英会話に新たな時代。話し放題、レッスン受け放題のNative campが現れた。どうする?

ついに出てきました。オンライン英会話に新たな時代到来です。 月額定額料金でレッスン受け放題のNative camp。。これを超効率的に利用するしかないでしょう。     英会話スクールに行くと英会話スキルはアップするのか。。 英会話スクールと言えば週に1〜2回、スクールに通って30分ほどネイティブの先生と教科書を使って英語で会話するといったものです。 その受講料が年間で数十万円するわけです。 管理人もある英会話スクールに年間50万円ほど出して週に2回ほど通ったことがあります。 私の努力が足りないこともありますが週に1〜2回、30分ほどネイティブの先生と会話しても英語が話せるようになることはまずありません。 もちろん簡単な挨拶とかは話せるようになりますが、ビジネスで議論を重ねたり、ディナーでたわいもない話題で盛り上がったりすることはできないのです。 例えば、 管理人:Do you know Ninja ? Allan : Ninja ?? No, what’s that? 管理人:Ninja were Japanese spies particularly active in the feudal ages. Their missions were to conduct acts of espionage, infiltration and assassination. A lot of ninja fans come from overseas to train with this honored ninja colossus. Occasionally, the American army invites ninjas to their military training. こんな日本の文化を紹介したりしてお酒を飲んだりして親交を深めたりはできるようにはなりません。 英会話のスキルアップは反復、反復、反復こそが最短の道 言語を習得するためにはアウトプットすることが必要不可欠です。 どんなに頭の中で単語の意味を覚えたところではなせるようになりません。 特に、日本の教育は読み、書きがメインで話す事をあまりしないのでなかなか英語が話せるようにならないのです。 さらには大学のディベート授業なんて外国人がいたらその人ばかり話していて日本人からは発言がほぼ皆無。あったとしてもつたない英語でまったくディベートにならないなんてことはざらにあります。 英語が話せるようになるにはひたすら声に出すアウトプットが必要です。 アウトプットをこれでもかと繰り返す事しか英語が話せるようにはならないのです。 この記事を読んでいるみなさん。。 参考書を読んで、たまーに声にぼそっと出したりして、「この参考書だめだぜ、俺にはあわねぇ」「おっすげぇ、3ヶ月で英会話が出来るようになる●●式法だって。」「これでぜってぇ、英会話できるようになってやる。」 そ〜し〜て〜月曜日。。火曜日。。水曜日。。木曜日。。金曜日。土曜日。(参照:はらぺこあおむし) に〜ち〜よ〜う〜び〜 参考書は本棚に冬眠に入りました。 めでたし。めでたし。 さて、もう一度 英語が話せるようになるにはひたすら声に出すアウトプットが必要です。 ポイントはいかに英語を使う環境を実現できるか 常に英語で話す環境をつくるのはとても簡単ですね。。 アメリカでもイギリスでも最近、プチブームのフィリピンにでも行きましょう。 私の息子は2歳の時にシンガポールに来てローカルのプレスクールに入れて1年半がたしました。 my son :「papa、do you wanna banana ?」 管理人: 「うぉ!。Yes, I wanna banana」 my son : 「ぶっぶ〜。No!」 管理人:「・・・・」 my son :・・・

TOEICや英語の教材を選ぶということを今一度じっくり考えてみよう

「たったの〇〇ヶ月で英会話がペラペラ!」、「TOEIC300点から900点を毎日〇〇分の勉強で突破する方法」など夢のような名前の本がたくさんあります。さて、本当に名前の通りの結果が得られるのかな。。   楽して簡単に英語の力が向上する何て絶対にないと強く認識しよう。 仮に3ヶ月でTOEIC800点を突破する勉強法という教材を100人が購入したとしましょう。100人中100人が800点を超えたとしたらその教材はたちまち日本中で超有名になるでしょう。 文部科学省が目をつけてその教材を中学、高校の教材に指定する事でしょう。だって100人中100人がTOEICで800点を超えられるんですもん。 いろいろな魅力的、いや魔力的なキャッチコピーで学習者の対して「なんか、これを買ったら今度こそ英語の力が付きそう」と商売する方も必死です。しかしながら短期間で劇的に英語の力を向上させてくれるプログラムなんて存在しないのです。ここを再認識しましょう。 そういう夢のような教材を買っては数日間勉強して、今度こそは英語の力を向上するかもと思って1週間後には残業が遅い事を理由に勉強しなくなるものです。 もう一度言いますが、もし誰でも必ず英語ができるようになる教材があるのなら文部科学省が黙っていないのです。文部科学省だけでなく英語が母国語でない国の教育機関も押し寄せてくるでしょう。 英語の教材を買うなといっているのではありません。 このような教材を買って、キャッチコピーのようにTOEIC800点を突破するとか英会話がペラペラになったという人は必ずと言っていいほど以下に当てはまります。 1.そもそも英語の勉強はそれなりにしていたけど集中して勉強をやりきった事がない。(中途半端に基礎力がある人。) 2.1の中で6ヶ月、少なくても3ヶ月は英語の勉強に没頭した。(3ヶ月やることができれば後は体が勝手に英語の勉強をするようになります。) 3.3〜6ヶ月勉強するためのモチベーションを維持してくれる教材に出会った.(根性だけでは挫折しやすい、そんな時に心を支えてくれる教材がいた。) 継続(最低3ヶ月)、一気に(毎日数時間)できればなんでもそれなりに上達するものですが人間そんな優秀な生き物ではありません。すぐに飽きてしまい、楽な方楽な方に行きたがるのです。その方向を転換させるのがちょっとした教材だと管理人は思っています。 このマインドがあればどの教材使っても英語力向上はできると思います。例えば【TOEIC(R)TEST スピード600】はTOEICの勉強を始めたばかりの初心者には最適な教材ですし、もっとレベルの高いところを目指すんだという人はTOEIC戦略論ver2.3がおすすめです。どちらも圧倒的な勉強量と強いモチベーション維持を実現するものです。 最後にもう一度 楽して簡単に英語の力が向上する何て絶対にないと強く認識しよう。

海外に英語留学しても英語の力はつかない??

英語を上達させる一番効率的な方法は有無を言わさず海外に行く事だ。英語が話されている国に行って生活をし続ければすぐに英語の力なんてあがるもんだ。。。。ほんと??   実際はそんなに甘くない。行っても全然話せない人が多いのも事実 海外、特にアメリカやヨーロッパ圏にはネイティブが英語ではない人のための英語の語学学校が多くあります。学校では入学者のレベルチェックを行いレベル別に分けれて授業を行います。 ハイレベルなクラスにもけっこう日本人は多いようで、私の友人が教えているクラスでは12人中3人が日本人でした。実際にスピーキングやリーディングをさせてみると段違いに欧米から来ている生徒達の方が上手だそうです。 欧米人の生徒はだいたい2〜3週間の滞在で留学しているのに対して、日本人は7ヶ月ほど既に滞在していてさらに半年ほど滞在予定だそうです。 長く滞在しているから、まじめに毎日毎日授業を受けているから下のクラスからゆっくりと今のレベルのクラスにあがってきたのです。いわゆる学校での優等生。 長くいればどんな生徒でもハイレベルにいつかはあがれるのです。しかしながら他の留学生とはほど遠いレベル差があるのです。 原因はいろいろあると思われますが、友人の講師が言うには日本人はいつも日本人でつるみ、ご飯を食べにいったり、小旅行にいったりするのです。ネイティブでないアジア人とは仲良くなるのですが英語がペラペラのオランダ人とかドイツ人とご飯を食べたり、遊んだりしないのです。 せっかく英語の環境にどっぷり浸かっているのに、日本語で日本人とつるみ英語が堪能な留学生とはつるまないのです。英語が話せないという劣等感があるのです。語学留学に来ているのに変な話です。 海外留学は絶対に意味がある。だた、その前に最低限必要な基礎力はつけるべき。 英語を使っている国に行けば英語が話せるようになる。こんな夢のような話はありません。 英語を使っている国に行く前に英語の基礎力を習得して、その国で積極的に友人を作りおしゃべりをして、分らない事は何度も聞き返して、たくさんの英文を読みこなす事で基礎力が実践力に変ります。 海外に行ったら寝る時以外は英語ずけになる。これを1年やったら確実に英語は上達します。 留学に行く前に習得しておくべき最低限必要なレベルとはどのくらいでしょうか。 管理人はTOEICで800点を超えていれば十分かと思います。730点でも大丈夫かもしれません。海外留学の一番のポイントは日本で習得した基礎力を実践で使えるようにすることです。基礎力がなければどんなに実践環境に行っても意味がないのです。 TOEICの勉強もだらだらとやっていては意味がありません。短期間で効率的に730点を取るようにしてください。だらだらやって1〜2年かけて730点取るのは上述した海外留学に1年以上かけてハイレベルのクラスに行く人と同じ。きっと海外留学しても結果が出ない人です。 勉強の仕方から海外留学するのに必要な基礎力をつけるなら下記がおすすめです。 【TOEIC(R)TEST スピード600】 海外経験ゼロでアメリカ現地法人の社長になった遠藤先生の勉強法 英語を勉強する前にしっかりと英語の勉強する方法を考える。 語学力を向上させるには闇雲に勉強しても劇的に向上させる事は難しいです。なんでもそうなのですがやり方を工夫すれば短期間で一気に向上させる事が可能です。海外留学を考えている方はぜひ、下記のブログも読んでマインドをしっかり整えて勉強してくださいね。 出来るやつはTOEICの勉強は6ヶ月でやめる。勉強できないやつは死ぬまでやってる。 初心者でも大丈夫。1ヶ月でTOEIC600点を取る方法を考えてみました。 TOEIC900点を6ヶ月で実現する方法。何度も挫折してきた人に最後に挑戦してほしいメソッド(1ヶ月目)

英語を使うなんて当たり前の時代がくる。英語大航海をのりきろう

10年前といえば英語ができる同僚がいたら「すげぇ。かっこいい」、「すてき!尊敬する」、「結婚してぇ」と言われた時代です。結婚はないかもしれないにしてもビジネスおいて英語なんてそんなに必要ではなかったのです。 現在はどうでしょうか。間違いなく現場で英語のスキルが必要になるように時代が変ってきています。 楽天、ブリジストン、ホンダ、名だたる企業が公用語を英語にしようとしている。 日本を代表する企業の一部が英語を公用語にしたり数年後には英語を公用語にするから頑張って勉強してねといっているそうです。日本の企業が10年前くらいから中国の人件費の安さに目を付け多くの企業が現地法人をつくりました。最近は中国の人件費が高くなってきたことから「チャイナ・プラスワン」として東南アジアにも進出しています。コミニュケーションは日本語では難しいので英語で必死に現地の人と事業を進めています。 時にはTOBなので自分の会社がいきなり外資系になってしまい公用語が英語になってしまうなんてことも現実的に起こる時代です。 ビジネスの対象が世界規模になってきている昨今を考えるとやり取りする情報やコミュニケーションも当然国際化します。つまりますます英語が話せて当たり前の時代がくるのです。 英語が話せない人は「えっ、話せないの!!」「まじで、カッコわるい!」「くさい。。」と言われる時代がくるのです。くさい。。違うねコレは。 今ならまだまにあう。忙しい人こそ実は英語が上達する金の卵 毎日終電で帰宅する商社マン、土日も出勤している流通企業の中間管理職など毎日毎日仕事で英語なんて勉強する時間がない人も多いです。そんな中でもなんとか時間をやりくりして必死に勉強をする人たちがいます。こういった人たちは必ずと言っていいほど英語の力を上げています.TOEICだったら3ヶ月で800点突破するなんてざらでしょう。 忙しいのに隙間時間を見つけて勉強してるという事は強い意志と継続する根性が必要です。毎日9時〜5時出勤で家に帰ってテレビを見ながらスイーツを食べて寝る前に布団に入りながら英語の教材を聞く、そして気づいたら寝てしまう。こんな人は決して英語ができるようになりません。 大事なのは忙しい中でも、帰宅中の1時間、昼休みの30分、お風呂に入りながらの15分、子供が公園で遊んでいる30分、とにかく時間を見つけて勉強するのです。そういった優秀な人たちが結局仕事ができるだけでなく英語もできるようになるのですね。 一つ大事なのは隙間時間を見つけて勉強する際の勉強する方法をよく考える事です。せっかく時間を見つけたのに英語のスキルアップに直結しない無駄な勉強方法でやっていたらせっかくの金の卵もふ化するすることはありません。 正しい勉強方法は人それぞれ違う物ではありますが成功者が語る英語の勉強方法はどれもだいたい共通点があって似たようなものです。このブログでもいろいろと効率的に英語の勉強をする方法、効率的にTOEICで高得点を取る方法を紹介しています。 ●初心者編 絶対に間違えてはいけない英語の勉強する順番!文法、単語だけ覚えるなんて無駄のなかの無駄!! スコアがあがらない!TOEIC初級者が最初に知るべき3つのポイント 初心者でも大丈夫。1ヶ月でTOEIC600点を取る方法を考えてみました。 ●TOEICで高得点を短期集中で取りたい TOEIC900点を6ヶ月で実現する方法。何度も挫折してきた人に最後に挑戦してほしいメソッド(1ヶ月目) TOEIC900点を6ヶ月で実現する方法。何度も挫折してきた人に最後に挑戦してほしいメソッド(2ヶ月目) ●役立つTips集 出来るやつはTOEICの勉強は6ヶ月でやめる。勉強できないやつは死ぬまでやってる。 Youtubeで勉強するなら絶対コレ!厳選4チャンネル TOEICのリスニング強化に音読っていうけどやり方間違えてるならやらない方がましですね。

サブコンテンツ

メインメニュー

そもそもTOEICとは

TOEIC得点別勉強法

 ・600点入門

 ・730点で中級者仲間入り

 ・820点海外実践レベルへ

 ・860点で上級者への道

 ・900点でさらなる極みへ

 ・990点への挑戦

必要な勉強時間は

最も効率的な勉強の順番

参考書Forestの効率的な使い方

Youtubeおすすめ勉強サイト

リテリング勉強法

TOEIC初心者の3つの心得

スコアアップ!この教材

ダーウィンの進化論で英語の勉強ですね

室伏さんのトレーニングを参考!

1冊でも参考書をやりきれます?

●TOEIC得点別勉強実践編

1ヶ月でTOEIC600点

730点を目指すなら逃げずに発音月間をもうける

3ヶ月でTOEIC800点

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(1ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(2ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(3ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(4〜6ヶ月目)

●TOEIC分野別勉強実践編

エビングハウス忘却線を把握してTOEIC英単語を覚えるべし!

英語の勉強は毎日、2週間がキーワード

リスニング強化に音読って本当に意味あると思ってます?

単語を覚えられない人。これだけやってください。

●TOEICパート別勉強実践編

TOEICPart1対策これだけは知っておこう。

TOEICPart1.2で正しい勉強法を知る

TOEICPart2はリエゾンで圧勝する

TOEICPart3.4を正しく克服する勉強法を知る

TOEIC part5は問題数をこなして正しく勉強する

TOEIC part6は地味だが満点取れない難関パート

TOEIC part7の正しい勉強法が他のパートの正答率を劇的にあげる

●TOEIC発音から逃げるな

発音を逃げずにやろうよ(ア)

発音を逃げずにやろうよ(オ)

発音に役立つ厳選Youtube

無料Youtube勉強サイト!

無料Youtube勉強サイト!

最初に勉強すべきは絶対に発音です。ここから逃げていませんか??

発音できない単語は聞き取れない

他のサイトもご参考に!!

このページの先頭へ