「TOEICスコア別勉強法」の記事一覧

1冊でもとことん参考書をやりきったことありますか?

TOEICのスコアがなかなかあがらないと相談を受けることがあります。 管理人は1つ必ずそういった方々に質問する事にしています。 参考書でも問題集でも1冊とことんやりきったことありますか。 やりきったことがあるかないかで人生が決まると言っても過言ではない かなり偉そうなことを言ってしまいました。。 でも、問題集でも参考書でも1冊とことんやりきった事がある人は意外に少ないのです。そしてやりきっている人が例外なくTOEICのスコアは高いのです。 何ページ目の問題は不可算名詞を問う問題が載っているとか、関係副詞の復習をするには第7章の3項を読めばよいとかどこに何が書いてあるか覚えてしまうくらい何度も何度も読み込むのです、メモを書き込むのです。表紙はぼろぼろになり、あるページはメモでぎっしりになってしまうくらいに。 一方で、本棚にものすごい数の英語の参考書やTOEICの参考書がキレイに並んでいる方がいます。この本棚を見るだけで何か勉強した気になってしまうのもまた恐ろしい事ですがこれではダメなのです。 もし、当てはまる人がいたら今すぐに全ての本を捨ててしまう事をお勧めします。 全ての本を本当にまた読み直しますか。。本棚にある本に書いてある事を覚えていますか。捨てちゃいましょう。 そして本屋さんにいって自分でもこれなら出来そうだという内容であまり分厚くない本を選んでまずは1冊とことんやってみてください。1冊やりきったという快感を知ると人間は不思議と次へと進みたくなるのです。その感覚を手に入れさえればTOEICの勉強なんてそんなに苦労する物ではないのです。 多くの人が新しいとても魅力的な題名がついた参考書や問題集を見つけると買ってしまうのです。その本も1〜2ヶ月たてばさようなら。。また新しい本を購入してしまう。 ここは本当に大事です。ここさえ突破できればもう怖いものなしです. とにかく1冊1ヶ月! 人生を豊かにするためのけっこう重要なポイントです。  

TOEICのPart1への対策これだけは知っておこう。

TOEICのPart1は組みしやすい相手でありながら以外に満点を取得するのが難しいと言われています。 やさしい問題は確実に正解を稼いで、難しいと言われるところはある一定の傾向を把握しておいて、割り切って解けば正答率をアップすることができます。   解き方の説明が放送されている間に10枚の写真を見る。 最初にTOEICの問題をどのように解くのかディレクションが示されます。この時間は非常に貴重です。10枚の写真をばっと眺めてどのようなことがリスニングで流れてくるかある程度予想をしましょう。 まず、人が何か動作をしている写真があればここは確実に正解を目指しましょう。流れてくる音声はほぼ He/She is doing ぶらぶらぶら〜〜〜 この形ですから「doing」の部分をこれでもかって集中して聞くようにすればOKです。 人が何か動作をしているのではなく物が置いてある写真、つまり何かの状態を表している写真はちょっと厄介です。 流れてくる英文の主語が予想できないからです。高層ビルが遠くにたくさん立っていて手前には噴水のある公園が描写されている写真があった場合に主語は何になるかわかりますでしょうか? 高層ビル群なのか、高層ビルの中でも一番低いビルのことを言ってくるかもしれません。はたまた噴水のことを述べてくるかも知れません。はじめの単語をしっかり聞き取らないといけないので難易度があがります。 人間は不思議とはじめの単語がある程度予想ができていると話の内容がすんなり頭に入ってきます。はじめの単語が全く予想できない場合は思った以上に聞き取る事ができないのです。 知らない単語が出てきたら最後の2択で勘で勝負 少しふざけたポイントではありますが。。知らない単語がTOEICのPart1では必ずと言ってもいいくらい1つや2つでてきます。知らない単語がでてくると「おっ、よくわかんなかったけど正解なのか!??」と焦ってしまい次の英文を聞き逃すことなんてこともあります。 ここでのポイントは知らない単語が出てきたらとにかく忘れる。残りの英文を聞いてこれが間違いなく正解と思うものがあれば問題なし。たぶんこれが正解かな??と半信半疑のものがあった場合にはさっきの知らない単語が入っていた英文との勝負(2択)になります。 ここからは管理人の感覚ですが知らない単語が入った英文は不正解と思った方が正答率があがると思います。TOEICの試験を出す側の心理なのかわかりませんが難しい単語も1つや2つは出そう。。でもその単語を知らないのと正解できないってのはちょっとお気の毒と思っているのかもしれませんね。 まとめですがPart1では人物が動作をしている問題は確実に動詞に注目してヒアリング、景色などの状態を表している問題は主語をとにかく集中して聞くようにするといいと思います。

TOEIC Part2を制するにはリエゾンを知る事が最低条件

TOEICのPart2はPart3やPart4に比べると圧倒的に短い文章に対して正しく解答するセクションです. 一見簡単のようにも感じますが短い文章という事はちょっとぼうっとして聞き逃すともう正しく解答できないこともあるので簡単のようで難しいセクションとも言えます。 最初の疑問詞を確実に聞く事。それにはリエゾンを覚えるべし。 Part2の問題は最初に疑問詞を聞き取る事ができれば8割くらいの問題は解く事ができると言われています。後がごにょごにょごにょと聞き取れなくてもWhenだったのかWhereだったのか聞き取れればなんとかなると言う事です。 だから最初の単語にめちゃめちゃ集中するんです。目をつぶってむぅぅぅと集中するんですね。でも聞き取れないんです。 リエゾンを知らないから聞きとれないんです。 例えば What do you want to do ? ワット ドゥ ユー ウォント トゥ ドゥ 単語1つ1つを見ればこう読めるのですがまずこのようには聞こえません。 What do you ➡ ワルユ want to do ➡ ワナドゥ ワルユワナドゥ。。。。 もう全然発音が違います。そうなのに必死ワット、ワット、ワットと聞き取ろうとしていてもやはり聞き取れないのです。 リエゾンのルールはそんなに多くないですし1ヶ月も勉強すれば十分把握できるものです。ここを勉強しないといつまでたってもリスニング力がアップしないのでリエゾンを知らない人は必ず勉強する事をおすすめします。 効率よく勉強したい方は超有名な名著であるハイディの法則77をお勧めします。 ハイディの法則77 (CD付き) 単行本(ソフトカバー) – 2000/9/20 ハイディ 矢野  (著), さとう 有作 (著) 見開き2ページで1リエゾンとコンパクトにまとめられていますし、CDもネイティブの生の英語が使われています。 また、ストーリがなかなか笑えるものが多く楽しく勉強できます.

TOEICのリスニング強化に音読っていうけどやり方間違えてるならやらない方がましですね。

リスニング力強化にはまちがいな音読は有効な手法。正しくない音読は百害あって一利なし。 少し過激なことを言っていると思われるかもしれませんが本当に音読のやり方を間違えると100歩進んで99歩下がることになりかねないのであえてここで話題に取り上げます。 音読のやり方で とにかく早く読む 発音もなんとなくこうなって読む 日本語の意味を考えずに読む 上記に当てはまる人は音読やめた方がいいと思います。だって全然効果がでないやり方です。 音読のメリットは声に出す事で脳が暗記しやすい状態に出来ることなんです。例えば3歳児がリンゴを目の前にしてこれはリンゴ、リンゴ、リンゴ、リンゴ、リンゴ、リンゴ、リンゴ、リンゴと毎日口に出させていれば1週間でも続ければリンゴを見た瞬間にリンゴとわかるようになります。いわゆる長期記憶に刷り込まれたという事です。 リンゴを1度もみたことがなく言葉だけで赤いまるい形のものをリンゴっていうからねと言われて声にも出さずリンゴは赤くて丸いと思い続けても子供はなかなかリンゴと覚える事は出来ないのです。 英語の文章をじっくり見る、単語の発音をきっちり覚えて発音する、頭のなかで音読した文章を日本語に訳す。ぽんとはじっくり 上記を理解している人はもう音読をする前に必要な準備がイメージできると思います。 実際の英文を目で見る。(見る事から覚える事は始める)【じっくり見る】 わからない単語・文の構造はとことん調べる(不明点をなくすことで音読の準備)【じっくり考える】 一文、一文、文の構造を意識してきっちり和訳する。【じっくり訳す】 自分が音読した時に日本語訳が浮かぶスピードでとにかくゆっくりたくさん読む(最低100回)【じっくり読む】 慣れてきたら音読する速度を上げる。(ただし、日本語訳が浮かぶ速度はキープ)【じっくりかつ早く読む】 この準備をするとしないでは単語の覚える量が違うのはもちろん、リスニング力(英文を聞いた時に瞬間的に日本語訳が頭に浮かぶ力)も強化されますし、Part5,6の文法問題にも対応する力(読むスピードアップ、コロケーション問題が瞬時に解けるなど)も強化されるのです。大事なのは全てのプロセスをじっくりゆっくりやった後に音読をじっくりゆっくりする事です。ネイティブのような流暢な英語を話す勉強はこういった地道な努力の後にやって身に付くものです。    

TOEICの英文法で9割を目指すなら短期間で1冊集中でとことんやる。いろいろ手出すのは愚の骨頂

TOEICの英文法はある程度出るものが決まっている。あれこれ英文法の問題集は買わないで自分で信じた問題集を1ヶ月で3度やりきる。 TOEICのPart5,6で出題されるのは単純に単語の意味を問うものだったり、コロケーション(単語と単語の組み合わせ)だったり、文法問題だったりします。 いろいろと分野があるように感じますがTOEICの試験は厳選された似たような問題が全52題のうち9割を占めているのです。 TOEICについてしっかりと分析している著者の良本を何度も何度も解けば1ヶ月もあれば十分9割、TOEIC900点を超えるための力は英軍法に関してはつきます。だってだいたい同じ問題がでるんですから。 多くの方がリスニングの勉強だったり、リーディングの勉強だったりあれこれ勉強して英文法もその中の1つでたまに勉強している方が多いのですがこれだとなかなか結果がついてきません。 英文法の勉強は一気にやる。やりきる。一度すべてを全力でやりきる。 人生の中で俺はもうこの本を開く事をしなくても全て理解していると言えるくらいやりきるのです。もう本がぼろぼろになるくらい。(キレイに使っている人はぼろぼろにならないので最後に自分で曲げたり濡らしたりしてぼろぼろにしましょう笑!!) 誤解をおそれず言えばリスニングの勉強何て一切忘れて1ヶ月文法の問題だけ勉強するのです。参考書を一字一句熟読し不明点があればインターネットで調べてみる、それでも分らないときはきっぱりあきらめて次のページを読む。何度も何度も読んでいるうちに分るときが必ずくるので神経質にはならないようにしてください。 そして最後にTOEIC公式問題集のPart5,6を解いてください。解き方は以下です。 詳しくは(TOEIC Part7は最後の難所。ポイントはどれだけたくさんの問題を【遅読】できるか)をご覧ください。 知らない単語を調べる 読み方がわからない発音を調べる 文章の主語と動詞を把握する。 主語を説明している語や節、動詞の目的語といった主語と動詞に関わっている部分を理解する。 解答のキーとなるキーワードの言い換え表現を調べる。 声に出して読めるだけ読み続ける これで1ヶ月全ての英語の勉強の時間を費やせばTOEICの文法問題は9割はとることができるようになると思います。 良本を探しているならこれ。これだけやれば十分。とにかくやりきる。 TOEICに特化したものでもよいと思ったのですがせっかく1ヶ月とことん勉強しようと思った皆さんにはこれをお勧めします。 一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス) 単行本 – 2011/9/9 実際に英語で仕事をしたりコミュニケーションをできるようにするために必要な基礎文法はこれに全て集約されていると思います。見てもらうと分るのですがとても分りやすい言葉で生きた英文法をイメージ等を使って説明してあるので初心者にもとても入りやすいです。一方で題名にある通り、実践で使える話すための英文法がぎっしりですので上級者でもぜひ一度目を通してください。

サブコンテンツ

メインメニュー

そもそもTOEICとは

TOEIC得点別勉強法

 ・600点入門

 ・730点で中級者仲間入り

 ・820点海外実践レベルへ

 ・860点で上級者への道

 ・900点でさらなる極みへ

 ・990点への挑戦

必要な勉強時間は

最も効率的な勉強の順番

参考書Forestの効率的な使い方

Youtubeおすすめ勉強サイト

リテリング勉強法

TOEIC初心者の3つの心得

スコアアップ!この教材

ダーウィンの進化論で英語の勉強ですね

室伏さんのトレーニングを参考!

1冊でも参考書をやりきれます?

●TOEIC得点別勉強実践編

1ヶ月でTOEIC600点

730点を目指すなら逃げずに発音月間をもうける

3ヶ月でTOEIC800点

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(1ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(2ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(3ヶ月目)

TOEIC900点を6ヶ月で実現する(4〜6ヶ月目)

●TOEIC分野別勉強実践編

エビングハウス忘却線を把握してTOEIC英単語を覚えるべし!

英語の勉強は毎日、2週間がキーワード

リスニング強化に音読って本当に意味あると思ってます?

単語を覚えられない人。これだけやってください。

●TOEICパート別勉強実践編

TOEICPart1対策これだけは知っておこう。

TOEICPart1.2で正しい勉強法を知る

TOEICPart2はリエゾンで圧勝する

TOEICPart3.4を正しく克服する勉強法を知る

TOEIC part5は問題数をこなして正しく勉強する

TOEIC part6は地味だが満点取れない難関パート

TOEIC part7の正しい勉強法が他のパートの正答率を劇的にあげる

●TOEIC発音から逃げるな

発音を逃げずにやろうよ(ア)

発音を逃げずにやろうよ(オ)

発音に役立つ厳選Youtube

無料Youtube勉強サイト!

無料Youtube勉強サイト!

最初に勉強すべきは絶対に発音です。ここから逃げていませんか??

発音できない単語は聞き取れない

他のサイトもご参考に!!

このページの先頭へ